ウシ子とウシ夫の牛歩旅

車中泊を中心とした旅日記。 神社やお寺、温泉、車中泊の工夫、便利グッズ、自作(DIY)などを紹介

DIY

家で12V電源 サブバッテリー充電 (車中泊の工夫 自作)
サブバッテリーの充電用に12V電源があると便利です。車中泊に出かける前にサブバッテリーを満タンに充電しておくのに利用しています。また、家で「カー炊飯器 タケルくん」を使ったレシピを考えて試したりするのにサブバッテリーにつなげば何回かはご飯が炊けますが、車で出かける機会が少ないとサブバッテリーが上がってしまいます。この12V電源にサブバッテリー経由もしくは直接「カー炊飯器 タケルくん」をつなげることができます。
DSC_0500

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その10 一旦まとめ (車中泊の工夫 自作)
シガーソケットから充電用の電源がとれる市販のポータブル電源のようなサブバッテリーで、容量と充電電流を強化したもので、材料費も市販のポータブル電源と同じくらいを目標にしましたが、どうなったでしょうか。

項番名称単価(円)数量小計(円)
1バッテリー Panasonic N-60B19L5,00015,000
2昇圧回路 DC-DC LEDドライブCC CV定電流充電ブースターモジュール1,40011,400
3ソーラーパネル用チャージコントローラ BSV20A1,00011,000
4バッテリーターミナル5601560
5配線コード黒 2.0sq 5m2801280
6配線コード赤 2.0sq 5m2801280
7シガーソケット メス2504750
8シガーソケット オス(10Aヒューズ付き)3001300
9圧着端子等1,00011,000
10電圧計アンペアメーターデジタル液晶マルチメータボルト表示パネルメータ0-100V 10A6001600
11EasyWordMall 赤 DC3.2V-30V デジタル電圧計 For 6V 12V 電気自動車オートバイ2002400
12プラスチックコンテナ1083324
13プラスチックごみ箱1081108
14結束バンド1081108
合計12,360

市販のこのポータブル電源が約13,000円なので、上記の通りほぼ同じ金額なので、目標通りです。
ただし、金額がほとんど同じということは、製作の手間を考えたり、工具(ドリル、圧着工具、カッター、ドライバー、ホットボンドなど)などがない人は購入する必要があるなどと、自作は結構高いかもしれませんので、性能などが市販品で十分ならば市販品を購入するほうが安いとも言えます。



容量は、上の市販品が20Ahに対して、36Ahなので約2倍近くとなり、目標通りです。
充電は、上の市販品が1Aに対して、シガーソケットから電源を取る形で6A ?で、目標通り市販品より短時間で充電できます。ただし、「サブバッテリーがほしい その8 配線と調整」で記したように実際の充電電流値の正しい値は測定できていません。
また、出力電流は20Aまで可能で、充電制御と過放電防止機能があり、運転席と助手席の間のウォークスルーに設置できるコンパクトさです。さらに、サブバッテリーの状況をメーターやLEDインジケーターで確認することが可能です。

この性能差をどう考えるかが自作するか市販品を購入するかの分かれ目だと思います。
現時点では自作して良かったと考えています。
自作にリスクはつきものですので、十分に注意するとともに、基本的に全てのことは自己責任で行うようにお願いします。
DSC_0471

今までの「サブバッテリー」の記事も参考にしてください。

続きを読む


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  

--> ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その9 インジケーターと組み立て(車中泊の工夫 自作)
いよいよケースを組み立てていきます。
実は、電圧計や電流計がまだ届いていないので、その状態で後からそれらを追加できるように配慮しながら、組み立てます。 

まず、100均のプラスチックコンテナを3つ積み上げるのですが、真ん中のコンテナは上下を逆にして積み上げます。なぜかというと部品を組み込む空間を広く取りたいので、そのようにしました。
バッテリーを組み込む空間を作るために2つのコンテナの底の部分を切り抜きます。
DSC_0428

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その8 自作 配線と調整(車中泊の工夫)
部品がそろったら、組み立てていくわけですが、まず配線を確認しておきます。
サブバッテリー配線201512-01

今回、使用している部品は価格を抑えたもののため、品質に問題がある場合もあるので、届いたら半田がきれいか、部品は外れたり、ずれたりしていないかをまず確認しました。

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

安眠の追及 ベッド その8(車中泊の工夫)
安眠の追及 ベッド その7」を紹介しました。
car_bed_8

硬めの160N(ニュートン)のマットレスだけをしばらく使用していたのですが、ウシ子とウシ夫には少し硬かったようです。

そこで...
 続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その7 ケース(車中泊の工夫 自作)
むき出しで置いておくのもショートしたり危険ですので、ケースを考えなければいけません。
目標金額をほぼ使っているので、これもとにかく安い材料を選ばなくてはなりません。

以前、「運転席と助手席の間の小物置き場」を紹介しましたが...
サブバッテリーは「カー炊飯器 タケルくん」と「カーポット」の近くに置くほうが何かと便利です。
従って、運転席と助手席の間のウォークスルーに置くことにします。
image

そこで...
 続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その6 電圧電流計(車中泊の工夫 自作)
なくても動作しますが、動作状況を確認するために電圧と電流が表示できるほうが良いので、Webで探しました。

電圧計アンペアメーターデジタル液晶マルチメータボルト表示パネルメータ0-100V 10A 約600円


それから...
 続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その5 配線部品(車中泊の工夫 自作)
サブバッテリーがほしい その4 過放電保護」までで、バッテリー、昇圧回路、充放電コントローラなどの基本的なものを決めました。
結線などについて考えていく必要があります。

バッテリーと配線コードの接続にはこんなものを使います。
DSC_0406

それから...
 続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その4 過放電保護(車中泊の工夫 自作)
サブバッテリーがほしい その2 使用バッテリー」で、バッテリーの種類は、「(b)車用 」を選択して、Panasonic N-60B19Lにしました。
サブバッテリーがほしい その3 充電方式」で、充電方法は、「(4)ダイオードもしくはリレーと昇圧回路などを介してバッテリーを接続」を選択して、昇圧回路を決めました。

そして、シガーソケットから充電用の電源がとれる市販のポータブル電源ようなサブバッテリーで、容量と充電電流を強化したもので、材料費も市販のポータブル電源と同じくらいを目標にしました。

車用のバッテリーは、過充電には強いのですが、過放電には弱いので、過放電を防止する方法を考える必要があります。市販の車用チャージコントローラならば、この機能がついているものが多いですが、少し値段が高いです。目標金額達成のためとにかく安いものを探さなければなりません。そこで、いろいろと調べるとソーラーパネル用のチャージコントローラにも、この機能があるので、そのなかでも安いものをさらに探すとBSV20Aが見つかりました。過放電の保護と過充電の保護、充電の逆流防止機能もあるようです。充電のコントロールを使用すると電圧降下のため昇圧回路の出力電圧を高める必要があるかもしれませんが、とりあえずこれにすることにしました。このコントローラでどの位、電圧降下するかは実物で確認していきたいと思います。

価格:1000円
電圧:DC12V/24V
定格充電電流:20A
定格負荷電流:20A
過充電 保護:14.4V/28.8V, 充電フローティング:13.5V/27V, リカバリー:13.2V/26.4V
過放電 保護:10.8V/21.6V, リカバリー:12.3V/24.6V
過電圧ロード 保護:16.5V/34V, リカバリー:15V/30V
DSC_0408

サブバッテリー」の関連記事も参考にしてください。

続きを読む


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  

--> ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

安眠の追及 ベッド その7(車中泊の工夫)
安眠の追及 ベッド その6」を紹介しました。
car_bed_7

当初、このベッドの上に、いつも家で使っているマットレス 3つ折シングルサイズのバランスマットを使用していました。しかし、このマットレスは、真中の腰の部分は少し硬め100N(ニュートン)ですが、頭と足の部分は柔らかく80Nになっています。腰から足にかけては硬さを感じませんが、肩の部分が自作したスタイロフォームの硬さを少し感じました。できれば、肩から頭の部分がもう少し硬いマットレスだと下の硬さを感じないのではないかと思いました。また、このマットレスのサイズは195cm×91cm×6cmで、ステップワゴンRKの横幅は1200mm程度です。長さは十分ですが、幅が足りなく、2人で寝るときは腰から頭にかけての部分の隙間に長座布団を置いていましましたが、はみ出してしまうことがありました。さらに、セカンドシートがかなり暗い色なのに、普段使っているマットレスが薄い色で、スライドドアを開けるとマットレスを敷いているのが外から目立ち、少しスマートではないなと感じていました。

そこで、良いマットをWebでいろいろ探したところ...
 続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ