ウシ子とウシ夫の牛歩旅

車中泊を中心とした旅日記。 神社やお寺、温泉、車中泊の工夫、便利グッズ、自作(DIY)などを紹介

炊飯器

米の携行(車中泊の工夫)
ご飯を炊くのに無洗米を持っていく必要があります。

ビニール袋などに入れてもよいのですが、500ml位のペットボトルに入れるとよいと思います。
ウシ子とウシ夫は小食でご飯ばかり食べるわけではないので、週末+α位で出かけるのであれば、これを1つもしくは2つ用意すればよいです。それより長旅/大食いの場合は2lのペットボトルに入れると良いと思います。

また、なぜ無洗米かというと、容易に想像できると思いますが、とぐのが面倒で、とぐのに水も結構必要で、その排水をどうするかという問題もあるからです。特に人が多い場所では...
DSC_0294

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

運転席と助手席の間の小物置き場(車中泊の工夫)
カー炊飯器 タケルくん」と「カーポット」を紹介しましたが、
走行中などにこれらが倒れたりすると危険です。

そこで、運転席と助手席の間のウォークスルーに100均のプラスチックコンテナを
置き、そこに入れています。二段にして下の段には食器なども入れています。
DSC_0292

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

カー炊飯器 タケルくん(車中泊の工夫)
タケルくんを購入して、車で移動中にご飯を炊くのに使用しています。
ただし、取説には停車中に使用するように記載されているので自己責任でお願いします。
米と水を入れてソケットにつなげばほっておくだけでご飯が簡単に炊けるのがよいです。
30分前後で炊飯が終わるので10分くらいはそのままにして蒸らします。
一度炊き始めると40分位はエンジンを切れないですが...

真空パックのご飯をお湯で温めるのも結構時間がかかりますし、
タケルくんで炊いたほうがおいしくて良いと思います。

1.5合まで炊け、消費電流は9Aだそうです。
DSC_0296

炊飯器」「サブバッテリーセカンドシート テーブル Ver.2も参考にしてください。
駐車中は、「リアテーブル」でガスコンロを使用しているので参考にしてください。

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ