ウシ子とウシ夫の牛歩旅

車中泊を中心とした旅日記。 神社やお寺、温泉、車中泊の工夫、便利グッズ、自作(DIY)などを紹介

東京都

 亀戸香取神社 東京都 
亀戸天神社をお参りしたあと、スポーツ振興の神様として名が知られる
亀戸香取神社をお参りしました
スポーツだけでなく、受験や病気に勝つ!自分自身に勝つということで
勝利のパワーを授かりに多くの参拝客が訪れるそうですよ
御祭神は経津主神(ふつぬしのかみ)
総本社は千葉県香取市の香取神宮です

手水舎の横に亀戸大根之碑
江戸末期の文久年間(1861-64)に亀戸香取神社周辺を中心に栽培が始まったそうですが、
実際に亀戸大根を見た事がないかモウ~・・・・
20190507_115649_CIMG1420

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

 一期一会よねさんdeランチ 東京都 
亀戸香取神社をお参りした後、お昼を食べようと蔵前橋通りを亀戸天神社方面へ歩いていると
お魚が美味しそうなお店があったので、入ってみました
一期一会よねさん、夜がメインの居酒屋さんで、ランチは火曜日と金曜日のみの営業
店内は狭くカウンター席が7席ぐらいに二人用テーブル席が二つあるぐらいの広さ
一度お店に入ろうと戸を開けると、すでに店内は満席だったので、
外に置かれたベンチで待ちましたよ
20190507_134409_CIMG1429

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

 亀戸天神社 東京都 
藤まつり開催期間(2019年4/21-5/6)終了の翌日、久しぶりに亀戸天神社をお参りしました
亀戸天神社の藤は神社創建当時から植えられていたと云われ、東京の花の名所としても
名が知られています・・・
大型連休が明けたばかりで、参拝客もそれほど多くはありませんでしたが、
年齢層はやや高め?
ピークを過ぎた終わりかけの藤の花をかろうじて見ることが出来ましたよ・・・
20190507_102352_CIMG1391

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

東山道武蔵路跡 遺構平面レプリカ野外展示施設東京都 
古代の幹線道路、綺麗に保存整備された東山道武蔵路跡の歩道を歩き終えた先には、
遺構平面レプリカ野外展示施設がありました♪

東山道武蔵路とは上野国国府(群馬県)から府中の武蔵国府へと南下していた支道です
発掘調査によって、幅12m、長さ490mの道路跡が発見され、こちらでは
谷部へ向かって下る切通し状道路の遺構平面レプリカを展示しています
良く出来ているかモウ~!!
20190413_162523_CIMG8481
続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

史跡東山道武蔵路跡 東京都 
府中・国分寺市の史跡巡りを終えて、武蔵台遺跡公園から西国分寺駅へ向かうのに、
古代の官道、史跡東山道武蔵路を歩きましたよ
約300mほどの古代の道跡は、現在は歩道として綺麗に整備されていました

東山道とは律令国家成立時に施行された地方行政区分の五畿七道の一つで、
都から各地の国府へ向かう幹線道路(官道)の名称です
上野国国府(群馬県)から府中の武蔵国府へと南下していた支道、幅約12mの直線道路
を東山道武蔵路と呼んでいます
20190413_162200_CIMG8475

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

武蔵台遺跡公園 東京都 
伝鎌倉街道を歩いて西国分寺駅へ向かう途中、住宅街にあった小さな公園、
屋根付きの柵で囲まれているスペースが気になって近寄ってみると・・・
そこには約4000年程前の縄文時代中期の柄鏡形敷石住居跡がありました・・
20190413_160938_CIMG8463
続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

伝鎌倉街道 東京都 
武蔵国分尼寺跡に立ち寄った後、西国分寺駅方面へ向かうのに
伝鎌倉街道を歩いてみましたよ・・・

伝鎌倉街道 案内板より転記
鎌倉時代、幕府の置かれた鎌倉と各地を結び、のちに「鎌倉街道」と総称
される幹線道路が整備されていった。武蔵国内を通るもののうち、上道
(律令制下の東山道武蔵路をほぼ踏襲する)は特に有名である。
市域を通過する「上道」は鎌倉から町田、府中をへて北上し、上野、信濃
に至っており、街道沿いに有力御家人が勢力を振るっていたことから軍事
的にも重要な道路であったことが知られる。
市内の上道の道筋は、この切り通しを含めて部分的に伝承されており、
北方の伝祥応寺跡や恋ヶ窪廃寺跡(西国分寺東南)発掘調査の結果、
次第に明らかになりつつある。
        (国分寺市指定史跡、平成4年2月1日指定)
20190413_160150_CIMG8456
続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

 武蔵国分尼寺跡 東京都 
国分寺とは天平13(741)年に鎮護国家を祈るために聖武天皇の勅願によって国ごとに建てられた
寺院で、金光明四天王護国之寺という僧寺と、法華滅罪之寺という尼寺があります
武蔵国分寺跡を見た後、武蔵国分尼寺跡へ立ち寄りました
尼寺跡には金堂・中門・尼坊などの主要な建物の礎石などが復元整備されていて、
基壇の土層断面標本を観察できる施設もありました
北側の崖線には伝鎌倉街道の切通しが残っています
平成14年5月に国分寺市最初の歴史公園として開園され、平成19年に日本の歴史公園100選
に選定されました
訪れた時も子供達が楽しそうに過ごしている姿をみかけましたよ♪
市民の憩いの場となっているようでした
20190413_155038_CIMG8430

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

 国分寺市文化財資料展示室  東京都 
武蔵国分寺七重塔跡から武蔵国分尼寺跡へ向かって歩いていると、中学校の体育館の出入り口に
国分寺市文化財資料展示室という看板が目に入ったので、寄ってみましたよ
中学校の体育館に資料展示室?と思いながら入ると、他に見学者もいなかったせいか、
常在しているおじさんが丁寧に展示物の説明をしてくれました
市立第四中学校の敷地から修理院跡と考えられる遺物が発見されたそうで、
二部屋の室内の狭いスペースには校内から出土した土器や鉄製品、また
瓦収集家であった故住田正一氏が全国の国分寺跡や古寺跡から集めた古い瓦片
が展示されていました

開館時間 9:00-17:00
休館日 月曜日(祝日・休日の場合はその翌日の平日) 年末年始(12/29-1/3)
入館料 無料
20190413_154649_CIMG8428
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

 武蔵国分寺七重塔跡  東京都 
国分寺とは天平13(741)年に鎮護国家を祈るために聖武天皇の勅願によって国ごとに建てられた
寺院で、金光明四天王護国之寺という僧寺と、法華滅罪之寺という尼寺があります
そのなかでも、武蔵国分寺跡は他県の国分寺跡と比べると遺跡の範囲が
東西1.5km南北1kmと規模が大きく、歴史的にも重要なことから国史跡に指定されています

国分寺跡を見ようと跡地である公園に立ち寄りましたが、あちらこちらに桜の木が植えら
ていて、思ってもみなかったお花見が楽しめましたよ
今年は寒暖の差が激しくて、例年よりも長く桜の花を楽しめてラッキーだったかモウ♪
武蔵国分寺跡は史跡も見どころでしたが、桜の名所でもあったんですね~♪
20190413_150219_CIMG8427

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

↑このページのトップヘ