ウシ子とウシ夫の牛歩旅

車中泊を中心とした旅日記。 神社やお寺、温泉、車中泊の工夫、便利グッズ、自作(DIY)などを紹介

小物

サブバッテリーでノートPC (車中泊の工夫 自作)
サブバッテリーでノートPCを使うためには「DC-ACインバータとニッケル水素電池用充電器」で紹介した「DC-ACインバーター」にノートPCのACアダプタをつなげて使用すればよいのですが、「DC-ACインバーター」でいったんDC12VをAC100Vに変換して、さらにDCの適切な電圧に変換するのは効率が悪そうだと考えました。
DSC_0536

そこで...続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノートPCが壊れた (車中泊の工夫 DIY)
最近、ノートPCがおかしく、再起動などをするとWindowsメニューが表示できない状態になります。リカバリーしてWindows Updateの前の状態に戻すとWindowsメニューが表示できるようになるのですが、再起動の度にリカバリーしていては使い物になりません。Acer社の3820T-F52CというノートPCを使用していますが、元のOSはWindows 7ですが、Windows 10にアップデートして使っていたのですが、Windows 10にしたときに自動的にWindows Updateが働くようにしたことで、Windows Updateが働く度におかしくなるようです。どうもOSの何かのファイルが壊れているようです。原因としてはいろいろ考えられますが、古いノートPCなので、一番怪しいのはハードディスクの一部が壊れたと考えられます。

ノートPC Acer社3820T-F52Cには2.5インチの厚さ9.5mm 容量320GB SATAのハードディスクが使用されています。そこで、ネットでいろいろ調べると、ハードディスクの信頼性はHGST社(旧日立)と東芝が良いらしいことがわかりました。2.5インチの厚さ9.5mmのHGST社製のSATAハードディスクとして容量1TB 回転数7200rpmのHTS721010A9E630というものが7,500円くらいで購入できることがわかりました。しかし、ノートPCの起動時間などの短縮もしたいと考え、SSDもよいとおもい調べると、Intel社のものの性能が良いようです。メーカーを気にしなければ容量250GBで10,000円くらいでありますが、Intel社だと容量120GBで10,000円くらいです。更にしらべると、SSHDというSSDとHD(ハードディスク)のハイブリッドがあることがわかりました。そして、見つけたのが MAL21000HSA-T54 です。末尾のT54のTが東芝のHDを使用しているもので、54は回転数が5400rpmを示しているそうです。2.5インチ 厚さ9.5mm  SATA 容量1TB 回転数5400rpm SSD(フラッシュ)容量8GB 6,580円です。これを購入しました。
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その12 冷却 まとめ(車中泊の工夫 自作)
サブバッテリーがほしい その11」の状態でしばらく使っていたところ、サブバッテリーの電気をかなり使用したのちの充電時に「昇圧回路 DC-DC LEDドライブCC CV定電流充電ブースターモジュール」のヒートシンクが触っていられないほどに熱くなっていることに気が付きました。温度計でヒートシンクの温度を測定すると60℃位になっていました。

そこで、充電時にはファンでヒートシンクを強制的に冷やすことを考えました。
DSC_0526

続きを読む


サブバッテリーがほしい その11」で記したように、上記は、下記がまともなものが届かなかったので代替品です。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
 
--> ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その11 電圧電流計取付け(車中泊の工夫 自作)
「EasyWordMall 赤 DC3.2V-30V デジタル電圧計 For 6V 12V 電気自動車オートバイ 約200円」は、10日ほどで届きました。しかし、「電圧計アンペアメーターデジタル液晶マルチメータボルト表示パネルメータ0-100V 10A 約600円」は3週間ほどかかりました。しかも、届いたものは注文とは異なる0-100V 100Aのもので、別途シャント抵抗がないと使用できないもので、シャント抵抗がついていないものが届きました。販売元に連絡したところ0-100V 10Aは在庫がないので、返金するとのことで、0-100V 100Aの誤って届いたものは返品の必要はないとのことでした。そこで、間違って届いたものを利用して、電流計は、配線用の電線をシャント抵抗代わりにして、充電電流を示すように取り付けました。左からメインバッテリーの電圧、充電電圧電流、サブバッテリーの電圧です。
 DSC_0505
 続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

家で12V電源 サブバッテリー充電 (車中泊の工夫 自作)
サブバッテリーの充電用に12V電源があると便利です。車中泊に出かける前にサブバッテリーを満タンに充電しておくのに利用しています。また、家で「カー炊飯器 タケルくん」を使ったレシピを考えて試したりするのにサブバッテリーにつなげば何回かはご飯が炊けますが、車で出かける機会が少ないとサブバッテリーが上がってしまいます。この12V電源にサブバッテリー経由もしくは直接「カー炊飯器 タケルくん」をつなげることができます。
DSC_0500

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その10 一旦まとめ (車中泊の工夫 自作)
シガーソケットから充電用の電源がとれる市販のポータブル電源のようなサブバッテリーで、容量と充電電流を強化したもので、材料費も市販のポータブル電源と同じくらいを目標にしましたが、どうなったでしょうか。

項番名称単価(円)数量小計(円)
1バッテリー Panasonic N-60B19L5,00015,000
2昇圧回路 DC-DC LEDドライブCC CV定電流充電ブースターモジュール1,40011,400
3ソーラーパネル用チャージコントローラ BSV20A1,00011,000
4バッテリーターミナル5601560
5配線コード黒 2.0sq 5m2801280
6配線コード赤 2.0sq 5m2801280
7シガーソケット メス2504750
8シガーソケット オス(10Aヒューズ付き)3001300
9圧着端子等1,00011,000
10電圧計アンペアメーターデジタル液晶マルチメータボルト表示パネルメータ0-100V 10A6001600
11EasyWordMall 赤 DC3.2V-30V デジタル電圧計 For 6V 12V 電気自動車オートバイ2002400
12プラスチックコンテナ1083324
13プラスチックごみ箱1081108
14結束バンド1081108
合計12,360

市販のこのポータブル電源が約13,000円なので、上記の通りほぼ同じ金額なので、目標通りです。
ただし、金額がほとんど同じということは、製作の手間を考えたり、工具(ドリル、圧着工具、カッター、ドライバー、ホットボンドなど)などがない人は購入する必要があるなどと、自作は結構高いかもしれませんので、性能などが市販品で十分ならば市販品を購入するほうが安いとも言えます。



容量は、上の市販品が20Ahに対して、36Ahなので約2倍近くとなり、目標通りです。
充電は、上の市販品が1Aに対して、シガーソケットから電源を取る形で6A ?で、目標通り市販品より短時間で充電できます。ただし、「サブバッテリーがほしい その8 配線と調整」で記したように実際の充電電流値の正しい値は測定できていません。
また、出力電流は20Aまで可能で、充電制御と過放電防止機能があり、運転席と助手席の間のウォークスルーに設置できるコンパクトさです。さらに、サブバッテリーの状況をメーターやLEDインジケーターで確認することが可能です。

この性能差をどう考えるかが自作するか市販品を購入するかの分かれ目だと思います。
現時点では自作して良かったと考えています。
自作にリスクはつきものですので、十分に注意するとともに、基本的に全てのことは自己責任で行うようにお願いします。
DSC_0471

今までの「サブバッテリー」の記事も参考にしてください。

続きを読む


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  

--> ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その9 インジケーターと組み立て(車中泊の工夫 自作)
いよいよケースを組み立てていきます。
実は、電圧計や電流計がまだ届いていないので、その状態で後からそれらを追加できるように配慮しながら、組み立てます。 

まず、100均のプラスチックコンテナを3つ積み上げるのですが、真ん中のコンテナは上下を逆にして積み上げます。なぜかというと部品を組み込む空間を広く取りたいので、そのようにしました。
バッテリーを組み込む空間を作るために2つのコンテナの底の部分を切り抜きます。
DSC_0428

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーがほしい その8 自作 配線と調整(車中泊の工夫)
部品がそろったら、組み立てていくわけですが、まず配線を確認しておきます。
サブバッテリー配線201512-01

今回、使用している部品は価格を抑えたもののため、品質に問題がある場合もあるので、届いたら半田がきれいか、部品は外れたり、ずれたりしていないかをまず確認しました。

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメ EX-ZR1600 の電池 (車中泊の工夫)
スマホに写真を転送するデジカメ EX-ZR1600」で購入したコンパクトデジカメを紹介しましたが、画像の転送を繰り返していると結構電池を消費します。
DSC_0544-01

続きを読む



写真」関連の記事も参考にしてください。
 
 
--> ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

安眠の追及 ベッド その8(車中泊の工夫)
安眠の追及 ベッド その7」を紹介しました。
car_bed_8

硬めの160N(ニュートン)のマットレスだけをしばらく使用していたのですが、ウシ子とウシ夫には少し硬かったようです。

そこで...
 続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ