ウシ子とウシ夫の牛歩旅

車中泊を中心とした旅日記。 神社やお寺、温泉、車中泊の工夫、便利グッズ、自作(DIY)などを紹介

奈良県

石上神宮 奈良県 
日本最古の神社の一つといわれる石上神宮へ天理駅からレンタサイクルでやってきました
午前中なので、まだ耐えられる日差しと体力があるかモウ?
物部氏の総氏神であり、古代には大和朝廷の武器庫があったといわれています
御祭神は布都御霊大神(ふつのみたまのおおかみ)
      布留御霊大神(ふるのみたまのおおかみ)
      布都斯玉大神(ふつしみたまのおおかみ)
百済王から贈られたという国宝七支刀を伝承していることでも有名です
奥ゆかしい雰囲気を醸し出しております楼門は、鎌倉時代末期文保2年(1318年)建立、
重要文化財に指定されています
20110803_095509_CIMG0658

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

春日大社 奈良県 
全国の春日神社の総本社であり、藤原氏の氏神を祀る春日大社 にお参りします♪
平城遷都の頃に、鹿島神宮から武甕槌命を神山御蓋山(ミカサヤマ)山頂浮雲峰(ウキグモノミネ)
にお迎えしました
このとき、武甕槌命が白鹿に乗ってきたとされることから、鹿を神使としています
768年(神護景雲2年)に藤原永手が香取神宮から経津主命、また枚岡神社から天児屋根命・比売神を
迎えて、御蓋山の麓の四殿の社殿を造営し、お祀りしたのが始まりとされています
1998年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に「古都奈良の文化財」の一つとして登録されました

ご本殿のすぐ前にある中門・御廊 重要文化財に指定されています
左右に細長い御廊が特徴的ですね
ご本殿と間違える方が多いいとのことですが、わかる気がするかモウ
境内自由 
本殿特別参拝料500円 受付時間8:30~16:00
燈籠が並ぶ回廊を通り、中門前まで進み拝観し、藤浪之屋も拝観できます
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

東大寺二月堂 奈良県 
お水取りで有名な東大寺二月堂を見学します
2005年12月に国宝に指定された二月堂、ご本尊は、大観音(おおかんのん)、小観音(こかんのん)
と呼ばれる2体の十一面観音像で、秘仏でありみることができません
20110802_153726_CIMG0633

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良大仏 東大寺 奈良県 
奈良といえば、東大寺の大きな大仏様のお姿が目に浮かびます♪
東大寺 のご本尊、大仏様、名盧舎那仏座像(るしゃなぶつざぞう)に実際に会いにやってきました!
大仏様の正式名初めて知ったかモウ・・・

堂々と建っている国宝 大仏殿は、大仏とともに、
過去2回{治承4年(1180年)、永禄10年(1567年)}に焼失し、
その都度再建され、現在の建物は宝永6年(1709年)の再建です
高さ(49.1m)と奥行き(50.5m)は創建当時のままだそうですが、幅は創建当時(約86m)
の約3分の2(57.5m)になっています
これよりさらに大きかったんですね~
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

浮見堂 奈良県 
奈良公園の鷺池(さぎいけ)に浮かぶ六角堂に寄ってみました
春は桜、秋は紅葉の観光スポットとして、おすすめの場所のようですが、真夏でも水辺で
涼をとるのには、良いのかモウ♪
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

興福寺 奈良県 
興福寺の国宝館にいらっしゃる阿修羅像に会いたくて、通天閣大阪から興福寺のある
奈良県に電車に乗って、移動しました
興福寺は藤原氏の氏寺であり、669年京都に創建された山階寺(やまなしでら)を起源とし、
和銅3年(710)の平城遷都に伴って、鎌足の子不比等が現在地に移し、「興福寺」と命名しました
興福寺は創建以来、たびたび火災にあいましたが、その都度再建を繰り返してきました

興福寺国宝館は平成22年3月にリニューアルオープンされ、国宝45点、重要文化財19点を
公開しています
端正な顔立ちで少年のような趣の阿修羅立像や、奈良時代の八部衆像のすべてを真近でみることが
できます
写真は東金堂(国宝)と五重塔(国宝)
東金堂は神亀3年(726年)聖武天皇創建で、ご本尊は薬師如来像(重文)で、現在の建物は
室町時代の再建です
薬師如来を守護する眷属である十二神将立像(国宝)や四天王立像(国宝)も安置されています

五重塔は不比等の娘で、聖武天皇妃の光明皇后が創建
現在の塔は室町時代再建であり、高さ50.1mで、木造塔としては、京都東寺の五重塔についで、
全国で二番目に高いとのことです

興福寺国宝館
拝観時間9:00~17:00(入館は16:45まで)
年中無休
拝観料 大人600円
国宝館・東金堂連帯共通券(拝観料)
大人 800円
東金堂
拝観時間9:00~17:00(入館は16:45まで)
年中無休
拝観料 300円

image

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ