ウシ子とウシ夫の牛歩旅

車中泊を中心とした旅日記。 神社やお寺、温泉、車中泊の工夫、便利グッズ、自作(DIY)などを紹介

タブレット

7インチSIMフリー通話機能付タブレット MediaPad T2 7.0 Pro(車中泊の工夫)
今までASUS(エイスース)のZenPad 7.0 (Z370KL)という7インチのスマホを使ってきましたが...
ZenPad 7.0は、カーナビとして使用する場合に、ちょっとした物陰などでのGPSの精度が悪く、位置情報の更新が遅いことがあったので、同じ7インチのHUAWEI MediaPad T2 7.0 Proを購入しました。

HUAWEI MediaPad T2 7.0 Proも電話(通話)機能を使うことができます。
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメ EX-ZR1600でスマホのSDカード活用 (車中泊の工夫)
旅をしていると写真を撮る機会が多いと思います。
以前、紹介したように「スマホに写真を転送するデジカメ EX-ZR1600」を使用して、スマホに写真を転送しています。しかし、使用しているスマホが「7インチSIMフリー通話機能付タブレット ZenPad 7.0 Z370KL」であり、内部ストレージは16GBしかなく、EX-ZR1600の「EXILIM Connect」アプリではスマホの内部ストレージにしか写真を転送できないので、「Googleフォト」に写真データを同期して、内部ストレージから早めに写真を削除して使用していました。せっかく、スマホにSDカードがあるのに有効に使うことができず、残念に思っていました。

そこで、いろいろと調べたところ「FolderSync」というアプリを使用すると内部ストレージからSDカードに写真データなどを自動で移動できることがわかり、使用しています。ちなみにZenPad 7.0 Z370KLはAndroid 6.0.1にアップデートしています。

FolderSyncをインストールしたら、ファイルの同期(移動)用の設定を行います。
「同期フォルダ」を選択し、「+」で設定を追加します。
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレットのカーナビ化 無料カーナビアプリの比較(車中泊の工夫)
ZenPad 7.0 (Z370KL)という7インチのAndroidタブレットをカーナビとして使用するときに画面に日が当たらないようにするフードを「タブレットのカーナビ化 フードの自作3」で自作し、「Google Map」や「Yahoo!カーナビ」などを使用してカーナビとして使用しています。当初、「DeNAナビロー」の使用も試みましたが、合わないと感じたので使用していません。参考のため、ステップワゴンRKの初期型につけたインターナビも含めて比較したいと思います。あくまでも個人的な評価なので誤解や偏見がある可能性もありますので、あらかじめご了承ください。また、インターナビに関しても最新の機種であればより改善されていると思われますし、カーナビアプリも常に進化しているので評価する時期によって異なった結果になる可能性もあります。

機能
Google Map
Yahoo!カーナビ
インターナビ
検索
住所並びに施設名称やジャンルでの検索が可能。
GoogleアプリやChromeでの検索結果から、施設の情報を参照するとともにGoogle Mapで場所の表示が可能で、そのままナビを行うことが可能。
WebなどでGoogle Mapの場所が指定されているとそのままナビを行うことが可能。
Googleカレンダー、Google Keep、Googleアース、Googleストリートビューなどと連携可能。


住所並びに施設名称やジャンルでの検索が可能。
ただし、Google Mapの方がヒットする名称が多いように思う。



住所並びに施設名称やジャンルでの検索が可能。
ただし、Google MapやYahoo!カーナビの方がヒットする名称が多いように思う。
計画
スマホでもPCでも経路検索が可能で計画して、目的地をマイプレイスとして容易に保存可能。
GoogleアプリやChromeでの検索結果から、施設の情報を参照するとともにGoogle Mapで場所の表示が可能で、そのままマイプレイスとして容易に保存可能。
マイプレイスは、一覧や地図上で確認して行先に指定可能。


スマホでもPCでもYahoo!地図などで計画して、目的地をキープとして保存可能。
キープは、一覧で確認して行先に指定可能。

internavi POCKETを使用すればスマホで計画可能であるが、インターナビとの同期に時間がかかる。
ルート
他のアプリより最適化された短時間で到着できる抜け道のようなルートを知らせてくれると思われる。ただし、かなり細い道を案内される場合もあり通行を断念する場合もある。
複数のルート候補から選択可能。
高速道路/有料道路/フェリーを利用しないオプションを指定する際の手順が多い。


大きな道を中心にしたルートを知れせてくれる。
おすすめ/高速優先/一般優先の切り替えが容易。


大きな道を中心にしたルートを知らせてくれる。
おすすめ/一般道優先/距離優先などの切り替えが容易。
経由地
指定可(最近指定可能になった)


指定可

指定可
地図更新
最新


最新

必ずしも最新とならない
到着予定時刻

一番正確

渋滞時に予定より遅れる場合がある

基本的に余裕を持った時刻(遅めの時刻)を表示。
精度低い。

渋滞情報
Google Map利用者のデータを元にした渋滞情報が利用可能。
細い道も含めて渋滞情報のタイムラグも含めた精度が最も高いと思われる。

VICS情報ならびにYahooカーナビ利用者のデータをもとにした渋滞情報が利用可能。
ただし、利用者データはGoogle Mapやインターナビの方が充実しているように思う。
VICS情報が中心のため大きな道を中心に表示するがタイムラグがかなりあると思われる。


VICS情報ならびにインターナビ利用者のデータをもとにした渋滞情報が利用可能。
Google Mapに次いで細い道も含めて渋滞情報のタイムラグを含めた精度が高いと思われる。
必ずしも渋滞情報を反映した最適な経路とならない。
現在地
交差点で停車するとカーナビ上では交差点の先に進んでしまったり、交差点を曲がってしまったことになったり、進行方向が逆になることがあり、その結果、音声案内などがおかしくなることがある。
GPSを受信できない状態や通信ができない状態だと正しく表示できない。
音声案内の漢字の読み方がおかしいときがある。


交差点で停車するとカーナビ上でも正しく停止する。
GPSを受信できない状態や通信ができない状態だと正しく表示できない。


交差点で停車するとカーナビ上でも正しく停止する。
GPSを受信できない状態でもほかに比べ正しく表示できる場合が多い。通信ができない状態でも正しく表示できる。
拡大/縮小
ナビ中は自動で表示倍率が決められる。拡大/縮小するとナビを中断する。


手動で倍率を決められる。

手動で倍率を決められる。
オービス(自動速度取り締まり装置)情報

×
なし

あり。
最新の情報への対応は?
×
なし
ETC専用IC/スマートIC利用×
なし

あり
×
なし


続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車の装備 その3 7インチナビ (車中泊の工夫 自作)
車で旅行をしていると出先で自転車を利用したい場合が多くあり、「自転車の装備 その1 ナビ」にて、自転車の装備として5インチスマホをナビ代わりに使っていることを紹介しました。その後、ZenPad 7.0 (Z370KL)という7インチのAndroidタブレットを購入してカーナビとして利用していることも紹介しました。7インチのタブレットは「自転車の装備 その1 ナビ」のケースには収まらないので、このケースを配送料込みで1000円未満で購入しました。ただし、中国からの発送のため15日ほどかかりました。届いたら早速、タブレットを入れるとぴったりで、走行中の振動でタブレットを落とすこともないでしょう。
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレットのカーナビ化 画面の明るさ調整半自動化(車中泊の工夫)
ZenPad 7.0 (Z370KL)という7インチのAndroidタブレットをカーナビとして使用するときに画面に日が当たらないようにするフードを「タブレットのカーナビ化 フードの自作3」で自作し、「Google Map」や「Yahoo!カーナビ」などを使用してカーナビとして使用しています。
しかし、フードの日よけ効果で、画面の明るさ調整を自動に設定していると画面の明るさがかなり暗くなり、画面が見にくくなってしまいます。そこで、カーナビとして使用する場合はAndroidの設定画面を開いて画面の明るさ調整を自動ではなく手動(明るさ指定)にして使用していました。カーナビとして使用しない場合は画面の明るさ調整を自動にしたほうが電池の節約になるのですが、いちいち切り替えるのが面倒です。

そこで、切り替えを半自動化するために「AutomateIt - Smart Automation」というAndroidアプリを使用します。
「AutomateIt - Smart Automation」は、スマホの何らかの状況をトリガーとして何かの操作を実行することができるアプリケーションです。

カーナビ使用時の設定
まず、カーナビを使用するときの画面の明るさを指定をする操作を半自動的に行うためのルールを作成します。
当初Google Mapが起動しているときに画面の明るさを指定するようにルールを作成していましたが、Google Mapはカーナビとして使用する以外にもいろいろな場面で使用することが多く、そのたびに画面の明るさ指定が働くと煩わしいので、ランチャー画面に画面明るさ設定用のウェジットを作り、それをタップすることで設定できるようにしました。
「AutomateIt」を起動し、「ルールの追加」をタップします。
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレットのカーナビ化 フードの自作3(車中泊の工夫)
ZenPad 7.0 (Z370KL)という7インチのAndroidタブレットをカーナビとして使用するときに画面に日が当たらないようにするフードを「タブレットのカーナビ化 フードの自作2」で自作し、ようやくできたと思ったら、スタンドが壊れてしまい使うことができませんでした。めげずに天のお告げに従い、フードとスタンドを非磁性体でかつ絶縁体だけで作ります。

100均(ダイソー)に携帯スタンドがあったのでこれを使います。
ただし、注意書きに「車でのご使用はしないでください。吸盤が外れることがあります。」とあるので、
使用する際は自己責任でお願いします。
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレットのカーナビ化 フードの自作2(車中泊の工夫)
タブレットをカーナビ代わりに使用するときに画面に日が当たらないようにするフードを自作します。
タブレットのカーナビ化 GPS精度向上」で磁石や金属を使うと衛星や方位の補足が悪くなることが分かったので、プラスチックなどの非磁性体で絶縁体を使用してフードを作ろうと思います。

100均(セリア)を歩いていると、ないと思っていたプラダンがカラーボックスの扉として販売されていたので、これを使うことにしました。
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレットのカーナビ化 GPS精度向上(車中泊の工夫)
カーナビとして使用するためにGPS精度向上をめざし、「7インチSIMフリー通話機能付タブレット ZenPad 7.0 Z370KL」でいろいろ試してみます。

GPSの状況の把握やGPS起動時の捕捉時間や精度が向上されるといわれている「AndroiTS GPS Test Free」アプリをインストールします。
Androidの「設定」にて「位置情報」を「ON」 にして、
「AndroiTS GPS Test Free」アプリを起動し、右下のメニューの「Setting」にて、
「No GPS signal Vocal alert」のチェックを外し、
「Enable voice messsages for time signal」のチェックを外します。

「AndroiTS GPS Test Free」アプリを起動するたびにA-GPSのデータが更新されるようです。

左下のコンパス アイコンをタップし、キャリブレーションの画面が表示されたら、3軸それぞれの方向に1~2回転してから、「OK」。この画面もしくは、左下から2番目のアイコンをタップした画面で方位を確認します。

左下から3番目のグラフ アイコンをタップし、捕捉された衛星数(チェックマーク✔)や電波強度(アンテナマーク)、正確さ(三重丸に点)などで状況を確認します。

ZenPad 7.0 Z370KLに購入したATiCのケースをつけると衛星数などが減ります。また、ケースをつけると方位がおかしな方向になるようです。これは、ケースに金属や磁石が使われているために問題が起こっているように思います。純正品のケースならばいいのかな?とりあえず、カーナビとして使う場合は、ATiCのケースを外すほうが良いようです。
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

タブレットのカーナビ化 フードの自作1(車中泊の工夫)
タブレットをカーナビ代わりに使用する場合、画面に日があたり見にくいことが多いと思います。
一方、タブレットには、マグネットでふたが閉じるようになっているケースをつけていることが多いと思います。
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

7インチSIMフリー通話機能付タブレット ZenPad 7.0 Z370KL(車中泊の工夫)
今まで5インチのスマホを使ってきましたが...
もう少し大きくてかつ持ち運びができる、少し新しめのAndroid SIMフリー スマホがほしい。
できれば、スマホは最新の地図が使えるので、見やすい大きさでカーナビ代わりに使いたい。
と思いました。

スマホとして使うためには電話(通話)機能が必要です。タブレットとしては8インチのほうが視認性や性能の良いものがそろっているのですが、8インチだとバッグなどにいれて持ち運ぶのに少し大きいと感じてました。6インチだと少し小さく画面が見にくくなるということで、約7インチの通話機能付タブレットを探すことにしました。

ASUS(エイスース)のZenPad 7.0 (Z370KL)というのがあり、値段もかなり安かったので購入しました。
image

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ