ウシ子とウシ夫の牛歩旅

車中泊を中心とした旅日記。 神社やお寺、温泉、車中泊の工夫、便利グッズ、自作(DIY)などを紹介

南千住名所巡り 2016/11/9

日枝神社・山王清兵衛 南千住 東京都 
この間、古峯神社で、天狗の御朱印をいただいたので、他に変わった御朱印はないかと、
ググってみたら、南千住の素盞雄神社の御朱印に、芭蕉の絵が入っているのをみつけ、
どうしてもいただきたくなって、南千住までやってきました♪
しか~し、本日は、道案内のウシ夫くんがいないので、ウシ子だけ・・・・・
方向音痴なので、たどり着けるかちょっと心配
素盞雄神社へ行くつもりが、日枝神社の前にたどり着きました
御祭神は大山咋神
鎌倉時代後期、正和5年(1316年)の創建と云われ、江戸時代には山王社とよばれた
旧千住宿中村町の鎮守です

御祭神は大山咋神
ご利益は歯痛封じ、虫歯予防、歯の健康
柵に囲まれて、中に入ってお参りすることができません
そして、荒川区教育委員会の説明書きを読んでちょっとびっくり
20161109_133042_CIMG1124

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

素盞雄神社 南千住 東京都 
携帯のグーグルマップをみながら、なんとかたどり着きました♪
素盞雄神社は、地元では天王様と呼ばれ、親しまれています
ちょうど七五三の時期ともあって、この日は平日ですが、七五三をお祝いする
ファミリーが1組いらっしゃいました
創建は、延暦14年(795年)役小角の弟子・黒珍が、スサノオ大神・アスカ大神の二柱の神が
降臨した奇岩を祀ったのがはじまりとされています
パワフル感、満載です
20161109_135456_CIMG1158

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

千住大橋 南千住 東京都 
素盞雄神社から歩いてすぐに千住大橋があったので、寄ってみました
千住大橋は、徳川家康が江戸に入ってから4年後の文禄3年(1594)に、
初めて架けた隅田川最初の橋です
架橋を行ったのは、土木工事の大家と言われた伊奈備前守忠次で、現在地より
やや上流の位置に架けられました
大橋の架橋は難工事で、伊奈備前守忠次は、熊野権現(荒川区南千住)に祈願してようやく
完成したと云われています
千住宿は北の玄関口で、松尾芭蕉もここから奥州へと旅立ちました
以前、ウシ夫くんと松尾芭蕉の奥の細道の出発点、採茶庵跡など深川界隈を散策しましたが、
旅立ちの場所までは、行きませんでした
事前に調べて目的をもって、きたわけではないので、ついでにまわれてよかった♪
素盞雄神社の神様に呼ばれちゃったかモウ?
20161109_141903_CIMG1172

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

日枝神社・山王清兵衛、素盞雄神社、千住大橋 を巡った
南千住名所巡り 2016/11/9」の旅日記を公開しました。
   ↑
ここをクリックしてね。

上記クリック時の一覧表示順は古いものから新しいものです。

一覧表示で各記事はたいてい1枚の写真しか見ることができませんが、ほとんどの記事は複数の写真を掲載していますので、PCでは「続きを読む」をクリックし、スマホでは本文をタップして、記事ごとの表示をお願いします。

個々の記事を表示しているときに「次の記事」をクリック/タップすると一連の旅行記を順に見られると思います。

これは、千住大橋の下に描かれている芭蕉奥の細道旅たちの壁画です。 続きは上記リンクからどうぞ...
20161109_142534_CIMG1191

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

↑このページのトップヘ