雷電神社 群馬県 
関東地方に多いい雷電神社の総本宮、群馬県邑楽郡板倉町板倉にある雷電神社
に寄ってみました
祭神 火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)、大雷大神(おおいかづちのおおかみ)、
    別雷大神(わけいかづちのおおかみ)
創建は推古天皇の時代、聖徳太子が神の声を聞いて、伊奈良(いなら)の沼に浮かぶ小島
であったこの場所に祠を設け、その神様をお祀りしたのが始まりとされています
雷除け、氷嵐除け、豊作祈願、厄除けや安全、特に電気関係をはじめとする諸工事の安全の神として
崇敬されています
結構古くからある神社だったんだですね♪
CIMG2253

門前には、うなぎ、天ぷらの旗とともに、うっすらとなまず天ぷら
の看板がみえる飲食店があります
鯰料理はここ板倉町の郷土料理だそうです
CIMG2247

CIMG2248

手水舎
CIMG2249

参道
CIMG2250

CIMG2251


CIMG2254

拝殿
板倉町は古くから雷の被害が多く、渡良瀬川と利根川の間にある立地のため、度々、
水害や火災などの災害にあいましたが、延宝2年(1674年)に館林の藩主であった徳川綱吉が
社殿を再建し、社殿に徳川家の三ツ葉葵の紋章を使うことを許されました
現在の社殿(群馬県指定重要文化財)は天保6年(1835年)に建立されたもので、
群馬県指定重要文化財になっています
CIMG2255

末社 八幡宮稲荷神社(まっしゃ・はちまんぐういなりじんじゃ)国指定重要文化財
群馬県内に現存する室町時代につくられた最古の神社建築
CIMG2264

本殿の彫刻がとても見事でした
CIMG2265

左甚五郎10代目親方 石原常八が手掛けた彫刻は、とてもカラフルで目をひきます
この時代の北関東にしか見ることのできない特異な建築だそうで、群馬県指定文化財に
なっています
CIMG2266

ブルー系が多く使われてるかモウ?
CIMG2267


CIMG2269

CIMG2270

CIMG2271

社務所
CIMG2273

CIMG2274

弁天様
CIMG2275

CIMG2276

CIMG2277


CIMG2279

七福神めぐりの一つになっています
CIMG2280

福禄寿
CIMG2281

絵馬が奉納されている建物
CIMG2282

古そうです
CIMG2284

CIMG2285

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪