吉見 岩室観音堂 石仏 埼玉県 
吉見百穴から歩いてすぐそばのところに岩室観音堂があったので、
吉見百穴の駐車場に車をおいたままお参りします
こちらには、弘法大師が彫刻をしてこの岩窟に納めたと伝えられている
観音像がいらっしゃいます
天正18年(1590年)に一度建物が焼失し、現在のお堂は江戸時代の寛文年間(1661~1673年)
に再建されたもので、お堂の造りは懸造り様式で、江戸時代のものとしてはめずらしいものだそうです
「比企西国三十三所観音札所」の第三番です
自由に拝観できます
CIMG3132


CIMG3133

20160827_144209_CIMG7917

四国八十八カ所めぐりと同じ功徳を得られるという石仏が88体安置されています
一階左手には
CIMG3134

1番~51番の石仏たちが、参拝者を待っているかのように
いらっしゃいます
20160827_144257_CIMG7919

 CIMG3136

右手 52番~88番
20160827_144410_CIMG7924

二階にあがってみるとご本尊の観音様がいらっしゃいました
CIMG3138

CIMG3139

馬が沢山描かれた絵馬
CIMG3140

CIMG3141

天井を見上げると、千社札が沢山はられた柱が見えます
CIMG3145


CIMG3143

くぐると子育て、安産、願い事が叶うという胎内くぐりがあるようですが・・・
20160827_144310_CIMG7920

雨が降ったあとで、ぬかるんでいて、滑りやすかったので、くぐりませんでした
CIMG3137

左側の岩に胎内くぐりができる穴があります
20160827_144344_CIMG7922

こんなところにも石仏がありました
CIMG3144

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪