さざえ堂 福島県 
飯盛山の中腹にたつさざえ堂の外観
さざえ堂は、寛政8年(1796)建立され、高さ16.5m、六角三層のお堂で、
国の重要文化財に指定されています
堂内は二重螺旋構造の斜路となっていて、順路に沿って三十三観音や百観音などが配置され、
堂内を進むだけで巡礼が叶うような構造になっています
上りと下りが別々の通路になっていて、一方通行の構造によって、沢山の参拝者がすれ違うことなく、
入り口から出口まで通ることができます
正式名称は「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」と言いますが、螺旋構造や外観がサザエに似ている
ことからさざえ堂と呼ばれています

20100809_075539_CIMG0433

中央に見える社は宇賀神堂
ご祭神 五穀豊穣の神、宇賀神(白蛇)
20100809_075555_CIMG0434

会津若松市内が見渡せます
20100809_075629_CIMG0435

さざえ堂 
拝観時間 4月~12月   8:15~日没
                 1月~ 3月   9:00~16:00
拝観料 大人400円
20100809_080124_CIMG0436

外観だけ眺めて、中に入りませんでした
20100809_080203_CIMG0437

戸ノ口堰洞穴(とのぐちせきどうけつ)
白虎隊引き上げの洞穴
猪苗代湖の水を、会津地方に引くため掘られた長さ約150mの洞穴で、
猪苗代湖畔・戸ノ口原の戦いで破れた白虎隊士ら20名が、 鶴ヶ城を目指して、洞穴を潜り、
19名の最期の地となった、 飯盛山の中腹へたどりつきました
現在でも工業や農業水として使用されているそうです
20100809_080422_CIMG0441

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪