目黒 大鳥神社 東京都 
JR目黒駅を降りて、目黒不動尊に向かって歩いていると大鳥神社があったので、立ち寄りました
目黒区最古の神社で、江戸時代から続く酉の市で有名です
主祭神 日本武尊(やまとたけるのみこと)
相殿神 国常立尊(くにのとこたちのみこと)・弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)

日本武尊が亡くなった後、その霊が白鳥になり当地に現れたことから
鳥明神としてお祀りしているそうで、大同元年に社殿が造営されました
大鳥神社の社紋が鳳凰なのは、これに由来するそうです
境内のあちこちに社紋の鳳凰を見ることができます

室町時代の長禄の江戸図に9つの神社しかなかった時代の一社、鳥明神としてかかれていて、
江戸九社の一つとして数えられています

景行天皇の時代に、当地に国常立尊を祀った社があり、日本武尊が東夷を平定される
際に大鳥神社によって、戦勝祈願しました
また、そのとき部下の目の病が治るように祈願したところ、部下の目の病も治ったことから、
東夷を平定した日本武尊は大鳥神社を「盲神(めくらがみ)」と称え、持っていた剣を献納しました
その剣は天武雲剣(あめのたけぐものつるぎ)と称し、大鳥神社の神宝とされています
このことから、眼の病のご利益があると言われているんですね~♪
視力アップするかモウ?
CIMG2338

境内はそれほど広くはありません
CIMG2337

狛犬
20160618_112418_CIMG7363

20160618_112430_CIMG7364

手水舎
鳳凰が彫られていますよ♪
CIMG2339

20160618_112051_CIMG7358

20160618_112814_CIMG7368

江戸消防の文字がなんとも粋です!
火難除けの神様としてもご神徳があります
20160618_113144_CIMG7374

20160618_112310_CIMG7360

20160618_112331_CIMG7361

神楽殿
CIMG2340

社殿の右奥にある櫛塚
CIMG2348

大銀杏のご神木
もともと目黒川沿いにあったのを、川の改修工事によって、移植されましたが
東京大空襲で焼けたものの、復活した生命力の強いご神木だそうです
過去にそんな瀕死の状態だったとは、微塵にも感じさせないほど、元気なパワーで
あふれています
あやかります!
20160618_112533_CIMG7367

庚申塔
CIMG2349

三猿だけの延宝塔
20160618_112855_CIMG7371

20160618_112918_CIMG7372

CIMG2353
 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪