宮島 霊火堂 広島県 
消えずの霊火堂
大同元年(806年)、弘法大師空海が、修行の際に焚いた護摩の火が、およそ1200年間
現在まで途絶えることなく燃え続ける霊火
広島平和記念公園の「平和の灯」の一つと云われています
この火で沸かした霊水は万病に効くと云われています
堂内には、柄杓と紙コップがおいてあり、自由にこのお湯を飲むことができるようになっています
勿論、いただきました~♪
霊水は1200年間絶えることなく燻された歴史のお味、これで健康運間違いなし!
堂内は結構コンパクト、モクモクと煙が充満していて、熱さと煙で目を開けているのも辛いかモウ・・
CIMG1364

霊火堂の燃え続ける火と恋人たちの「燃え続ける愛の炎」が重なり、
恋人の聖地に登録されたそうです
ちなみに恋人の聖地とは、NPO法人地域活性化支援センターによって「少子化対策と地域の活性化への貢献」をテーマとした『観光地域の広域連携』を目的に展開された「恋人の聖地プロジェクト」です
全国の観光地域の中からプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットを「恋人の聖地」と選定
しています
なるほど観光地に行くと度々「恋人の聖地」があるのは、こういうことだったんですね♪
広島県内には他に、神石公園紙ヒコーキタワー、千光寺公園、大和波止場が選定されています♪
恋人の聖地巡りも楽しいかモウ?
20160507_153232_CIMG7136

この霊火をずっと絶やさないように不動明王様が、凄い形相でお守りしています
とても力強いです
わが身についている煩悩もこちらで燃やしていただきます!
CIMG1365
 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪