里之宮湯殿山神社 山形県  

山形県郷土館文翔館のすぐそばに里之宮湯殿山神社が鎮座していたのでお参りしましたよ
里之宮湯殿山神社は明治9年山形県初代県令、三島通庸公により県庁舎の守護神として創建
されました
境内はそれほど広くはありませんでしたが、綺麗な神社でしたよ
20191021_113318_CIMG6673

 開運城下町山形七福神巡りの一つ、恵比須様がいらっしゃいます
20191021_113258_CIMG6671


願い牛
20191021_113306_CIMG6672

手水舎
20191021_113341_CIMG6674

拝殿
御祭神  大山祗命(おおやまづみのみこと)・大已貴命(おおなむちのみこと)・
     少彦名命(すくなひこなのみこと)
相殿神
      秋葉山大神(あきばやまのおおかみ)・   黄金山大神(こがねやまのおおかみ)
20191021_113347_CIMG6675

 市神神社(いちがみさま)
御祭神 八重事代主命(ゑびすさま)
20191021_113539_CIMG6676

おもかる石
石を持ち上げた時に感じる重さが自分の予想よりも石が軽ければ「願いが叶う」、
重ければ「さらなる努力が必要」とする試し石
左側には末社 市神神社の社紋である「かぶ」の石 右側には湯殿山神社の化身である牛の石が
置かれています

―参拝作法―
1 二拝二拍手一拝
2 石を持ち上げ重さを確認します
3 石に手を当て祈願します。
4 もう一度石を持ち上げます
 この時に軽く感じれば願いはかなう
 重く感じればさらなる努力が必要
5 二拝二拍手一拝 
20191021_113544_CIMG6677

恵比須像
20191021_113810_CIMG6678

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪