大沼の浮島 山形県  
山形県西山村郡朝日町国指定名勝地大沼の湖畔に鎮座する浮島稲荷神社をお参りしたあと、大沼の
湖畔を1周しました
所要時間は約30分ほどで周ることができる小さな沼ですが、訪問時はウシ子達の他には誰もいなくて
豊かな自然と沼の主?鯉たちが温かく迎え入れてくれましたよ
20191020_084217_CIMG6324

大沼浮島の案内板の→の方向に歩いていきます
20191020_083610_CIMG6314

途中子宝杉がありましたよ
この地で育った地杉で沢山の枝が密生してあり子宝杉といいます
20191020_083800_CIMG6316

鳥鵲橋(かささぎばし)
相思相愛の男女がこの橋を渡ると縁が結ばれると云われています
橋を渡ってスタート♪
20191020_084031_CIMG6320

鯉のエサも1カップ100円で置かれていました
20191020_084110_CIMG6323

鳥鵲橋(かささぎばし)と鳥居杉
20191020_084242_CIMG6325

20191020_085623_CIMG6344

ウシ夫君が大沼をじーっと見ているのでどうしたのかと思ったら、
「ずっと見てると微妙に二つの浮島がくっついたり離れたりしている♪」というので・・・
20191020_085038_CIMG6336

じ~っと見てみましたがよくわかりませんでしたよ・・・・(-"-)
20191020_085358_CIMG6340

20191020_084546_CIMG6329

国指定名勝大沼の浮島  案内板より
大沼は、水面標高が307m、南北約240m東西約200mの沼です。古来、浮遊する島々が風も無いのに動きまわるという神秘性から信仰の対象とされてきており、全国の浮島の中でも最も有名なものとして大正14年(1925年)国の名勝に指定されました。浮島自体はヨシの地下茎でできており、西岸のヨシ群落が元になっています。また周囲の林は神域として守られてきていることから、原生林のような所もあり、300種を超える植物の豊かな植生をみることができます。
20191020_084603_CIMG6330

五百川三十三観音第13番札所
20191020_085727_CIMG6345

芭蕉塚
20191020_085938_CIMG6347

遊歩道に落ちていた紅葉の葉っぱ
20191020_090645_CIMG6355

場所によって見える景色が変わります・・・
当たり前といえば当たり前なんですけど~・・・
20191020_090945_CIMG6357

自然がそのまま残されている大沼の遊歩道なので・・・・
20191020_091211_CIMG6359

危うくカエルを踏みそうになりましたよ(^▽^;)
20191020_091237_CIMG6360

御神木
〇の中をくぐり抜けて縁結び
20191020_091657_CIMG6362

正面には鳥鵲橋(かささぎばし)
ほどなくゴールです♪
20191020_091819_CIMG6363

湖面に映る景色もまた綺麗でしたよ
20191020_091857_CIMG6365

浮島休み処
20191020_092217_CIMG6371

無人の無料休憩所
壁には浮島の誕生や島まつりの様子などの写真が飾られていました
20191020_092153_CIMG6369

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪