静岡県富士山世界遺産センター 静岡県  
いつだったかお天気キャスターの依田さんが富士山世界遺産センターでテレビ中継をしていたのを
見て、機会があったら行って見たいかモウ~と思っていたところ、静岡方面に旅行に来たので、寄
ってみましたよ♪

建物の外観は富士ヒノキを使用した木格子からなる逆さ富士、ですが建物の前の富士湧水を引き込
んだ水盤に映ると正富士に見えます・・・なんて・・・素敵なんでしょ♪♪

世界遺産センターに入るには入場料がかかります

開館時間9:00-17:00(7・8月は18:00)*最終入場は、閉館30分前
休館日 毎月第三火曜日、施設点検日
観覧料 常設展 個人300円 大学生以下 70歳以上、障害者等 無料(要証明)
20200111_152500_CIMG7747

神田川観光駐車場  に車を停めて観光しましたよ
最初の3時間まで 普通自動車 200円 以降1時間ごと100円 1日最大1000円
          自動二輪車 100円         100円      1000円
観光バス(大型・中型自動車)1日1回 1000円
*深夜0時を過ぎると再カウントされ2日で2000円となります
営業時間6:30-22:00  時間外の出庫はできません
20200111_152321_CIMG7742

富士山本宮浅間大社の鳥居の先に雲一つない富士山が見えます♪
世界遺産センターのそばに全国にある浅間神社の総本社である富士本宮浅間大社が鎮座しています
20200111_152413_CIMG7743

なるほど~逆さ富士が水盤に映って正富士に見えますよ20200111152245_IMG_3861

館内に入ると受付で常設展のみか企画展も見るかきかれたので、せっかくなので企画展も見ること
にしましたよ
企画展こみの入場料は700円、常設展企画展両方見ることができます
企画展は令和元年度冬季特別展「谷文晁×富士山 -山を写した時代の寵児」を開催していました
江戸時代後期に富士山の画家として広く知られる「写山楼」谷文晁の富士山図を見ることができます
その中で富士山と筑波山が一緒に描かれている絵を見てびっくりしましたよ
今では想像もつきませんが、昔は一緒に見えていたんですね~・・

館内では、壁面に投影される富士山に関する風景を楽しみながら、らせんスロープでの疑似登山体験が出来るようになっていました
20200111_153022_CIMG7754

展望ホールからの眺望
20200111154701_IMG_3862

澄みやかなる富士の山♪♪
20200111_155141_CIMG7755

屋上には富士山の石が敷かれていましたよ
20200111_155242_CIMG7757

床にスマホをおいて写真を撮っている人がいて何やってるんだろう?と思っていると
案内係の女性が「床にカメラを置いて写真をとると床に映る富士山も撮ることができるんです」
と教えてくれたので、やってみましたよ
丁度富士山をはさんで置かれている二つの置物も逆さ富士の形をしていて、床に映ると正富士のよう
に見えました
床から見なきゃわからなかったかモウ~
展望ホールにお越しの際はぜひやってみてね♪
20200111_155616_CIMG7760

富士山尽くしの富士山世界遺産センターを出るとすっかり夕方になっていました
水盤に映る鳥居の姿も美しかったですが・・・・
20200111_163706_CIMG7761

本物の富士山と水盤に映る富士山もどちらも綺麗でした
20200111_163838_CIMG7762

そしてライトアップされた木格子からなる逆さ富士と水盤に映る正富士も・・・・
また綺麗でしたよ♪
20200111_172042_CIMG7787

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪