西行戻しの松公園 宮城県 
松島を観光する前に西行戻しの松公園に立ち寄りました
公園からは松島湾が見下ろせたのですが、生憎の雨で景色もいまいちだったかモウ??
公園には西行戻しの松と百衣観音があり、約260本の桜の木が植えられていて、桜の名所
としても有名だそうですよ♪
20190719_082531_CIMG4568

駐車場  利用時刻制限なし、無料 
トイレあり、利用時刻制限なし
自販機
あり
火気
お店カフェロマン 11:00-17:00
定休日 火曜日
コンビニ(ファミリーマート)2.0km 
スーパー(A&COOP)4.3km 
その他
調査月2019/7


西行戻しの松公園 案内図
 20190719_080836_CIMG4550

駐車場は二か所あります
カフェに近い駐車場に停めましたよ  
20190719_080859_CIMG4552

防災四阿(あずまや)と水飲み場
20190719_080851_CIMG4551

おトイレ
20190719_080947_CIMG4553

百衣観音から見学しましたよ
20190719_081600_CIMG4558

百衣観音
20190719_081820_CIMG4561

百衣観音展望台からの眺め
20190719_081853_CIMG4562

公園内にあるカフェ
朝8時頃の訪問だったのでお店は開店前で入れ~ず・・・
20190719_082150_CIMG4563

西行戻しの松について説明書より転記
歌人西行(1118~1190)がこの地にて「月にそふ桂男のかよひ来てすすきはらむは誰が子ならん」
と一首を詠じて悦に酔っていると、山王権現の化身である鎌を持った一人の童子がその歌を聞いて
「雨もふり霞もかかり霧も降りてはらむすすきは誰れが子なるらん」と詠んだ。西行は驚いてそなたは
何の業をしているのかと聞くと「冬萌きて夏枯れ草」を刈って業としていると答えた。西行はその意味が分からなかった。童子は才人が多い霊場松島を訪れると恥をさらすとさとしたので、西行は恐れてこの地を去ったという伝説があり、一帯を西行戻しの松という。西行に関するこのような伝説は各地にあり、古くから語り継がれている。
(*桂男=美男子 *業=仕事 *冬萌きて夏枯れ草=麦) 
                           平成17年6月 松島町教育委員会
20190719_082342_CIMG4565

西行戻しの松
20190719_082536_CIMG4569

ここからも松島湾が臨めます・・・
晴れていたらもっと綺麗なんでしょうね~・・
20190719_082404_CIMG4566

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪