西奈彌羽黒神社 新潟県 
村上郷総鎮守西奈彌羽黒神社をお参りしました
社殿は緑深い木々に覆われた高台に鎮座、境内はしっとりとして落ち着いた雰囲気でしたよ
20190712_115021_CIMG2489

鳥居
20190712_114441_CIMG2479

御由緒
御祭神は奈津比売命(なつめのみこと)・倉稲魂命(うがのみたまのみこと)・
月読命(つきよみのみこと)

創建は持統天皇元年(687)、もともとは西奈彌山(後の城山)の頂に鎮座し、西奈彌神社と称されていました
天正16年(1588)城主本荘繁長が庄内攻めに際して出羽三山神社に戦勝祈願し、庄内を平定したことから出羽三山神社の御祭神を勧請し、「西奈彌羽黒三社大権現」と称し、村上郷中の総鎮守としました
元和4年(1618)堀丹後守直竒が村上城主となった時、城郭整備をする際に、神社を城から見下すのは畏れ多いとして、現在地に遷宮しました
寛永10年(1633)6月7日に遷宮祭が行われ、これが例大祭(村上大祭)の起源となり、新暦になってからは7月7日に大祭が行われるようになりました
 20190712_114504_CIMG2481

神輿殿
20190712_114647_CIMG2485

拝殿は扉が開いていてお神輿を見ることができるようになっていましたよ
20190712_114637_CIMG2484

長い石段が続く参道
20190712_114653_CIMG2486

手水舎
20190712_114955_CIMG2488

神明宮(西奈彌羽黒神社旧本殿)
なんとしたことか社殿を撮り忘れました
元禄3年(1690)に村上藩主榊原勝乗が建立した社殿(神明宮)は、桃山風の建築様式で西奈彌羽黒三社大権現本殿として祀られてたものを移築したものです
昭和44年に新潟県有形文化財に指定されています
20190712_115057_CIMG2490

境内社
20190712_115352_CIMG2493

拝殿
20190712_115413_CIMG2495

屋根に獅子
20190712_115443_CIMG2496

御本殿
20190712_115729_CIMG2502

境内社
20190712_115507_CIMG2498

境内からの眺め
20190712_115542_CIMG2500

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪