東雲神社(丸山東照宮) 滋賀県 
静岡浅間神社のそばに鎮座する東雲神社(丸山東照宮)をお参りしましたよ
20190505_104924_CIMG1328

東雲神社「丸山東照宮」 説明書より転記
東雲神社は古くから「丸山の権現さん」と親しまれてきた「東照宮」であります。創建は元和八年と伝えられ、「駿国雑誌」や「安東村村誌」によれば駿府城内にあった「東照宮」を現在地である府中浅間神社(現浅間神社)の別当、惣持院境内に移したものと伝えられています。

惣持院は明治元年の神仏分離令により廃寺となりましたが「東照宮」は明治八年二月十八日、村社に列せられ、同三十三年、村内にあった八雲神社を合祀し「東雲神社」と改称しました。

御祭神は「東照公 徳川家康公」 「速須佐之男命」のほか「天神社」「稲荷社」が祀られています。
宝物として寛永二十年に三代将軍家光公武運長久と子孫繁栄を祈願して作られた「東照公御尊像」
のほか「慈性親王筆東照宮額」「三十六歌仙額」「駿府城代武田越前守信村奏納釣灯篭」「備前長光作脇差」などがあります。

「丸山」の地名は家康公が大御所として駿府城在城中の慶長年間、鷹狩のためにこの地を訪れ、その趣が京の円山に似ているとして名付けられたものです。
                        「駿府まちおこし」推進協議会
                                   静岡市
20190505_104933_CIMG1329

神門
20190505_105000_CIMG1330

拝殿
20190505_105224_CIMG1332

社殿
御祭神 徳川家康公 速須佐之男命
東照宮というので煌びやかで荘厳な社殿を想像していましたが、思いのほかこちらのお社は
コンパクトでひっそりと建っていましたよ
お社はコンパクトでもパワーは合祀されて大きくなっているかモウね♪
20190505_105042_CIMG1331

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪