若宮八幡宮 静岡県 
静岡浅間神社をお参りした後に、静岡市指定天然記念物の大きなクスの木がある若宮八幡宮に
立ち寄りました
八幡宮は思ったより小さなお社でしたが、その近くには生命力あふれる大きなクスの木が威風堂々と立っていましたよ20190505_104334_CIMG1326

静岡浅間神社の石鳥居の正面の道、長谷通りを歩きます
駐車場の奥の美容室の隣に鳥居があったので、そちらかと思って近づくと・・・
20190505_103737_CIMG1317

駿河総社宮内神社でした・・・なんだ(-"-)違ったのか~ということでもとに戻り・・・
20190505_103627_CIMG1316

長谷通り沿いにあるザ銭湯♪といった渋い天神湯の角を左手に曲がります
まだこういった銭湯が残っていたのですね~今回は入らずにスル~しましたよ
20190505_103814_CIMG1318

曲がってから1本目の道を左に曲がると奥まった場所に若宮八幡宮がありました
大きな通り沿いではなかったので、ちょっとわかりずらかったかモウ?
20190505_103946_CIMG1320

拝殿
御祭神 誉田別命
20190505_104019_CIMG1321

社殿横
20190505_104046_CIMG1323

静岡市指定文化財(天然記念物)若宮八幡大クスについて 案内板より転記
                       指定年月日 昭和五十年十二月十八日
                       所在地 静岡市浅間町一丁目四十番地
「若宮八幡大クス」は一八三五年(天保六年)の新庄道雄編の「駿河国新風土記」に、
『惣社神主宅は浅間惣社惣門の前東の角にあり宅地に若宮八幡の社あり 此社なる楠太さ廻り六 七間 堅実にして枝葉繁茂す いづこの老樹も必ず朽ちたる所あるもの多けれども此樹の如きもの府の辺に比なし』と記されている。
また、一八四五年(弘化二年)の「駿河名木番付」で、東の小結に番付けされているなど江戸時代から駿河国の中でも有数の名木であったことが知られている。現在、落雷などにより幹の中央部が空洞化しているものの樹勢は良好である
  目通り 周囲 十・二m  樹高 二十二m 
  枝張り 東西 二十六m 南北 三十三m
                               平成十四年 八月
                                静岡市教育委員会
20190505_104327_CIMG1325

こちら側から見ると青々と葉が茂っていてとても元気に見えるクスの木ですが・・・
20190505103610_IMG_3287

反対側から見ると痛々しいかモウ~・・・
それでも負けずに葉を茂らせ大地に根をはって生きている大きなクスの木からパワフルパワーを
いただいてこの場を後にしましたよ♪
20190505103659_IMG_3289

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪