岐阜城 岐阜県 
金華山一帯が岐阜城跡として国の史跡に指定されている岐阜城を訪れました
岐阜城はかつては稲葉山城と称され、戦国時代には斎藤道三の居城であったところです
その後永禄10(1567)年に織田信長がこの城を攻略し、地名を「井の口」から「岐阜」と改称し
城主となりましたが、慶長5(1600)年関ケ原合戦の前哨戦のおり、信長の秀信が西軍に味方したため、激戦の末東軍に攻め入られ落城・・・
翌慶長6年(1601年)廃城となり、天守閣や櫓等は加納城に移されました
現在金華山山頂に堂々と建つお城は、昭和31(1956)年に復興されたものです

せっかく岐阜城を見にやってきましたが、早すぎてロープウェーが動いてなかったので
意に反して・・・・金華山を登ってお城まで行くことにしましたよ・・・
20190501_084816_CIMG0128

登山するつもりで来なかったので、軽装・・・・
明け方小雨が降っていたので、傘を持って登りましたよ・・
20190501_074314_CIMG0094

水手道(めい想の小径)と馬の背登山道【危険なため通行注意!】の分岐点 
丸山(旧伊奈波神社伝承地)
迷わず水手道(めい想の小径)へ
20190501_074552_CIMG0096

丸山(旧伊奈波神社伝承地)  案内板より転記
中世以前、稲葉山(金華山)は伊奈波神社の社地であり、斎藤道三による稲葉山城の築城により現在の場所へ遷されたと伝わります。特にこの丸山は重要な場所で、江戸時代には伊奈波神社の摂社・丸山神社として復活し、昭和初期ごろまで社殿も存在しました。現在も象徴的な「烏帽子岩」が残り、毎年例祭が行われています。
20190501_074604_CIMG0097

黙々と山道を登ります・・・・
20190501_075109_CIMG0100

岩場もありましたよ
20190501_082000_CIMG0103

ビューポイント

20190501_083225_CIMG0105

お天気が悪かったので視界悪し・・・
雨が降ってこないとよいのだけれど・・・
20190501_083237_CIMG0106

ビューポイントで水分補給をすると、ラストスパート♪
石段を登った先には・・・
20190501_083657_CIMG0113

岐阜城が見えました♪
所要時間約80分弱で到着しましたよ♪
20190501_084022_CIMG0115

城内を見学するには入場料がかかります
岐阜城(岐阜城資料館と共通)
開館時間 5/12-10/16 8:30-17:30
                 10/17-3/15 9:30-16:30
                 元旦のみ 6:30-16:30
                 3/16-5/11 9:30-17:30
休館日 年中無休
入場料 大人(16歳以上)200円 小人(4歳以上16歳未満)100円

開館まで少し待つようだったので入館しませんでした
20190501_084335_CIMG0121

お城の前にはお城時計と云われた江戸時代前期大型櫓時計が展示されていました
時計の目盛りが珍しい十二支になっています
20190501_084214_CIMG0119

岐阜城のイラストが入った自動販売機
20190501_084419_CIMG0122

岐阜城資料館 案内板より転記
岐阜城天守閣から東の一段下がった位置に20間(36m)x6間(10.8m)の郭があり、米や塩・味噌を蓄えておく蔵と弓矢を備えた倉が建っていたと考えられている。昭和50年(1975)4月、岐阜市民の浄財により瓦葺き・白壁造り・2階建ての隅櫓形式に復元した資料館を建設した。天守閣とともに江戸時代以前の歴史資料を所蔵・展示している。
20190501_084611_CIMG0123

岐阜城資料館見学には入館料がかかります
(岐阜城と同じ)
20190501_084617_CIMG0124

信長の入城後に造られたと考えられている石垣と貯水用井戸跡
20190501_084755_CIMG0125

ロープウェーに乗って帰ることにしましたよ
乗り場に移動中
20190501_085012_CIMG0130

福閻魔大王の御堂
20190501_085134_CIMG0136

天狗岩の上で秀吉がびょうたんを上げたと伝わる場所
20190501_085154_CIMG0137

太閤秀吉の馬印 千成びょうたん発祥の地の案内板
木下藤吉郎と千成瓢箪  案内板より転記
 永禄10年(1567)8月14日、木下藤吉郎(のちに羽柴秀吉、豊臣秀吉と改称)は蜂須賀小六や山麓の猟師堀尾茂助など僅か七名を従えて、岩戸口から稲葉山城のここまで潜入し、薪小屋に火を放って手柄をたてたと伝えられている。この時、藤吉郎は城兵を倒した鎗先に腰から下げていた瓢箪を結び付け、
鎗を振り回しながら大音声で勝鬨をあげたという。以来、千成瓢箪発祥の地とされている。
20190501_085206_CIMG0138

お手洗いの案内図
20190501_085812_CIMG0144

ロープウェー山麓駅付近には展望台レストランや・・
20190501_085750_CIMG0143

ろおぷ亭などお食事処もありましたよ
オープン前だったので食せず・・・
20190501_090430_CIMG0146

ロープウェー山麓駅近くにあった天下第一の門
20190501_090438_CIMG0147

天下第一の門についての案内板より転記
 永禄10年(1567年)9月初日、稲葉山城を攻め落とした織田信長は、直ちに尾張国から美濃国に本拠を移した。稲葉山の城郭を再建するとともに城下町の井ノ口を岐阜と改名し、楽市楽座の継続を認めるなど美濃国の繁栄を図った。また信長は「天下布武」の朱印を用い、岐阜城が天下統一へ踏み出す城となった。 信長の大志を讃えてここに冠木門を建て、その偉業を伝える。
20190501_090446_CIMG0149

20190501_090537_CIMG0151

金華山ロープウェ ー山麓駅
料金 大人(12歳・中学生以上) 片道620円 往復1080円
   小人(4歳以上12歳未満)  片道280円 往復540円
営業時間は期間によって変更あり
訪問日は9時が始発でした
20190501_090609_CIMG0152

往復だとJAF割がきいたのですが、片道だけだったので乗車券620円を2枚購入して
ロープウェーに乗って下山
IMG_20190501_092153

金華山ロープウェー駅
これから混むんでしょうね~
20190501_093045_CIMG0170

信長公居館跡
シートで覆われてていてポイントごとに説明書がたっていましたが、現状がよくわからなか
ったかモウ~
20190501_092402_CIMG0161

石積み
20190501_092346_CIMG0160

庭園跡と金箔飾り瓦 案内板より転記
 居館には庭園がいくつも造られました。巨石列と石垣で区画されたこの池もその一つで、発掘調査では景石の池、池底を飾った色鮮やかな石、多くの金箔瓦が確認されています。瓦の出土状況から、庭園の上部に金箔瓦を葺いた建物があったとみられます。フロイスは「2階には奥方の部屋」があったと記していますが、金箔瓦はその屋根を飾っていたのかも知れません。
20190501_092335_CIMG0159

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪