下総国分寺跡 千葉県 
千葉県に3カ所ある国分寺跡(上総国分寺跡安房国分寺跡)の一つ下総国分寺跡に立ち寄りました
ナビの目的地を下総国分寺跡にセットしてきましたが、到着した場所は公園のような広場に史跡下総国分寺跡の碑が建っているだけでしたよ

国分寺とは天平13(741)年に鎮護国家を祈るために聖武天皇の勅願によって国ごとに建てられた
寺院で、金光明四天王護国之寺という僧寺と、法華滅罪之寺という尼寺があります
20190622_123918_CIMG1665

下総国分寺跡は現在の下総国分寺  が創建当時の国分寺とほぼ同じ場所にあり、奈良県の法隆寺と同じ配置で金堂・塔・講堂が建てられていたそうなので、下総国分寺へ行けば良かったのですが、後の祭り・・下調べせずに思いつきで寄ってしまったのでそのまま帰ってしまいました・・・
20190622_123958_CIMG1668

史跡 下総国分寺跡の碑の隣には、発掘調査によって下総国分寺に関する基調な遺構や遺物が発見されたため、私有地だった場所を公有化に協力していただいた山崎氏に対する感謝の想いが書かれた碑が建
っていました
20190622_123935_CIMG1667

石碑より転記
平成13年9月に発掘調査を行ったところ下総国分寺に関連する大型の掘立柱建物跡等貴重な遺溝や遺物が発見されたことから国民共有の財産として史跡に指定されました。この地の公有化に対しご協力いただいた山崎茂夫氏は家伝によると、山崎茂右ェ門家として慶安3年(1650年)国分村の山崎勘左ェ門家より分れ、同国分村に連綿と続く旧家のご子孫です。山崎茂夫氏が山崎茂右ェ門家として先祖代々同地に住まわれ愛着ある土地を公有化のため、ご協力いただいた英断と文化遺産に対する深い理解に感謝いたします。
                      平成19年3月18日 市川市教育委員会
20190622_123927_CIMG1666

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪