史跡蛇穴山古墳 群馬県 
7世紀後半の築造と考えられる国指定史跡蛇穴山(じゃけつざん)古墳に立ち寄りました
同じ敷地内に前橋市総社歴史資料館があります
車を資料館の駐車場に停めて見学しましたよ
20190518_151606_CIMG1528

国指定史跡 蛇穴山古墳推定復元図と史跡蛇穴山古墳の碑
 20190518_150804_CIMG1519

史跡蛇穴山古墳についての説明書より転記
一辺の長さ約四〇mの方墳である。埋葬主体部は横穴式石室であるが、羨道を欠き、玄門と玄室とからなる特殊な形をとっている。玄門の前には、羨道の痕跡ともみられる構造と八の字形にひらく前庭がある。石室は天井、奥壁、左右壁ともにみごとに加工した各一枚の巨石で構成されている。
天井石、奥壁などの縁はL字形に切り込んで壁の石と組み合わせている。精巧な細工をほどこした玄門とともに、当時の石材加工技術の優秀さを物語っている。石室の規模は玄室長(西)三m、
同幅二・六m同高さ一・八mである。 隣接する宝塔山古墳とともに、県内古墳の最終末期に造られたもので、八世紀初期の頃に位置づけられよう。
20190518_150837_CIMG1521


20190518_150916_CIMG1523

石室の中は自由に見ることができます
20190518_151143_CIMG1524

両側壁、奥壁、天井がそれぞれ一枚の大きな石で造られています
玄室の奥壁付近に棺を安置するために置かれた棺台がありました
20190518_151403_CIMG1525

20190518_151428_CIMG1526

史跡蛇穴古墳の側には五千石用水が流れていました
20190518_150711_CIMG1516

20190518_150725_CIMG1517

五千石用水 案内板より転記
慶長12年頃五千石用水が総社鉱泉付近の天狗岩用水から引水された。
この用水は、総社、元総社、東、高崎市の一部城内の灌漑をし、その
地域が五千石に達していることにより起こったもので、天狗岩用水以前から
あったとも伝えられている。現在の五千石の基礎は総社城に引水するために
つくられたものであり、城の内堀には不可欠の用水であった。後には、
宿場町に利用され防火用水となり、様々な意味で総社町に役立つ用水である。
20190518_150653_CIMG1515

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪