美濃国分寺跡 岐阜県 
美濃国分寺跡を訪れました
国分寺とは天平13(741)年に鎮護国家を祈るために聖武天皇の勅願によって国ごとに建てられた
寺院で、金光明四天王護国之寺という僧寺と、法華滅罪之寺という尼寺があります
美濃国分尼寺跡地には石碑だけでしたが、美濃国分寺跡は発掘調査によって発見された建物基壇を中心に当時の伽藍の配置がわかるように復元され史跡公園として綺麗に整備されていました
IMG_2019-04-30 16-05-09

美濃国分寺跡は大正10年(1921)年に国指定史跡に指定されています
20190430_155456_CIMG9979

築地跡            案内板より
寺域を区画するため、四囲に築地塀が設けられた。塀は下部で幅6.2m、高さは3m程と考えられる。南北と西側には外側に約3mの大溝がめぐる。復元は下部を土盛芝張とし、上面にサザンカを植栽した。
20190430_155530_CIMG9981

国指定史跡美濃国分寺跡附瓦窯跡(美濃国分時跡歴史公園)についての説明書
20190430_155635_CIMG9984

中門跡 説明書より一部抜粋
推定される基壇の規模は東西18.0m、南北12.0m。
東西両側に回廊がとりつき、金堂へとめぐる。
20190430_155730_CIMG9985

広い敷地を目にして
「やっぱりさ~上から見た方が伽藍の配置とかよくわかるよね~(-"-)」とウシ子がつぶやくと・・
さすがに長年一緒にいるだけのことはあってウシ夫君のみこみが早い♪
「ドローンで撮影しろって??(^▽^;)」
ということで、車に戻りドローンを持ち出し久しぶりに上空から撮りましたよ♪
20190430_155831_CIMG9986

IMG_2019-04-30 16-12-19

塔跡
推定約58mの高さの七重塔が建てられていました
IMG_2019-04-30 16-14-18

金堂跡
本尊が安置されていた建物
IMG_2019-04-30 16-15-45

講堂跡
20190430_160315_CIMG9994

経蔵跡 案内板より転記
経蔵は、経典を収蔵するための建物で、大官大寺式伽藍配置では、金堂、講堂、中門、南門を中軸線として、鐘楼と相対して設けられた。規模は、鐘楼と同程度と考えられる。
20190430_160538_CIMG9999

鐘楼跡
20190430_160752_CIMG0001

回廊跡
東西120m、南北93m、幅6mで中門から金堂にとりつく
20190430_160511_CIMG9997

雨が上がったばかりの美濃国分寺跡・・・
水分を含んだ草地を歩いて靴の中まで濡れてしまいました
20190430_160527_CIMG9998

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪