タブレットのカーナビ化 フードの自作2(車中泊の工夫)
タブレットをカーナビ代わりに使用するときに画面に日が当たらないようにするフードを自作します。
タブレットのカーナビ化 GPS精度向上」で磁石や金属を使うと衛星や方位の補足が悪くなることが分かったので、プラスチックなどの非磁性体で絶縁体を使用してフードを作ろうと思います。

100均(セリア)を歩いていると、ないと思っていたプラダンがカラーボックスの扉として販売されていたので、これを使うことにしました。
image

プラダンを適切な大きさにカットして、タブレットの横幅で折り曲げ、スイッチやコネクタの場所に切り込みを入れます。
image
 
固定はゴム紐をつかいます。
image


完成したので、タブレットを車に取り付けようとしたら...
バキ   ヤッチマッタナ~
image

タブレットを車に取り付けるスタンドが壊れてしまいました。
プラスチックが薄いので曲がって、固定しているピンが外れてしまったようです。
ピンが右端から左端まで貫通しているタイプならば壊れなかったのかもしれませんが、左右で独立した短いピンだったので外れたのでしょう。
ピンもばねも磁性体かつ導電体なので、天からのお告げで、スタンドを含めて、非磁性体で絶縁体だけで作れということかもしれません。

スマホ」も参考にしてください。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪