春日山城跡巡り 新潟県 
上杉謙信公をお祀りする春日山神社をお参りしたあと、春日山城跡を巡ってみましたよ
上杉謙信公の居城として知られる春日山城は、
石垣がなく自然の地形を利用して空堀や土塁を築いて曲輪を守っていました
天守閣を持たずに周囲の山々に砦を築くといった、戦国時代の典型的な山城です
それほど多くの城跡を巡ったわけではありませんが、
今まで見た城跡の中で、一番スケールが大きくて見応えがありましたよ♪
20180728_143042_CIMG1457
春日山城についての説明板より

上杉謙信公の居城として知られる春日山城
は、今から約六〇〇年程前の南北朝時代に築か
れたといわれており、越後付中(直江津)を守る
拠点であった。
 その後、謙信公の父為影・謙信・景勝の三代
にわたり普請に努め、現在見られる大城郭に
なったと考えられている。
 春日山城の特徴は、標高一八〇メートルの
本丸跡から山裾まで連続する屋敷跡群と、
裾野に巡らされた総延長一二〇〇メートル
の総構え(通称監物掘)である。
 関東管領として、関東・北陸に覇を唱えた
戦国大名の居城にふさわしい大城郭といえる。
20180728_140422_CIMG1428

昭和44年に大河ドラマ「天と地と」の放映の折に建立された上杉謙信公の銅像
像高305cm 重量約800kg
20180728_140442_CIMG1429

本丸目指して上って行きます
20180728_140934_CIMG1432

春日山城の古絵図に必ず描かれている門跡
千貫門
ここまで上ってくるのに息があがりましたよ(^▽^;)
20180728_141124_CIMG1433

空堀(案内板より)
千貫門の内側に連続する二本の堀が
造られており、門の位置からは道のよ
うに見える。空堀は通常尾根を分断す
るように造られるが、ここでは掘りの形に
見せながらも、門から侵入した敵を沢に
落とすように巧妙に仕組まれた道のよう
に思われる。
20180728_141215_CIMG1435

空堀
20180728_141446_CIMG1438

上杉家の重臣直江家の屋敷跡
20180728_141856_CIMG1442

眺望良し♪
20180728_141839_CIMG1441

お花畑址
20180728_142216_CIMG1447

毘沙門堂(復元)
上杉謙信公が出陣前に戦勝祈願をした場所
20180728_142256_CIMG1448

毘沙門天の尊像
20180728_142328_CIMG1449

毘沙門堂についての説明書
20180728_142340_CIMG1450

護摩堂跡
謙信公が出陣前に護摩を焚いて、戦勝や息災を祈祷した場所
20180728_142455_CIMG1451

20180728_143021_CIMG1454

本丸跡
春日山城の「お天上」と呼ばれたところ
20180728_143025_CIMG1455

本丸跡付近には・・・
20180728_143035_CIMG1456

史蹟春日山城跡の石碑が建っていて撮影スポットでしたよ
20180728_143104_CIMG1458

天守台跡
20180728_143312_CIMG1460

標高180mからの眺めは、開放感に溢れ気持ちが良いものでした
20180728_143227_CIMG1459

20180728_143335_CIMG1461

山頂からは日本海や上越市街も見渡せましたが、一際目立って堂々とそびえたつ
松の木に目が奪われましたよ
20180728_143404_CIMG1463

二の丸の一本イチョウ
20180728_143731_CIMG1466

20180728_143716_CIMG1464

二の丸跡
20180728_143753_CIMG1467

米蔵跡
20180728_144006_CIMG1468

三の丸跡
20180728_144021_CIMG1469

上杉三郎宅跡
20180728_144033_CIMG1471

約1時間ぐらいかけて春日山城を巡り終えた後、売店で塩アイスを購入
20180728_145152_CIMG1473

暑い中汗をかいた後に食べた塩アイスは、コシヒカリの米粒の食感を楽しみながら
さっぱりといただけました♪
20180728_145135_CIMG1472

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪