神崎神社のなんじゃもんじゃの木 千葉県
小見川城山公園のつつじを見に行く途中、道の駅発酵の里こうざきで
昼食をとったあと、近くに神崎神社があったので、お参りしましたよ♪
鬱蒼と生い茂る森の中で、大きな存在感を醸し出している
国指定天然記念物なんじゃもんじゃの木は、圧巻でした!

祭神 天鳥船命(あめのとりふねのみこと) 
航空、交通、産業守護の神様として信仰されています
20180421_133522_CIMG9033

参拝駐車場に車を停めましたよ
20180421_131946_CIMG8996

駐車場トイレ
 20180421_131920_CIMG8995

駐車場脇に八坂神社があったので、まずは先にこちらをお参りしましたよ
20180421_132019_CIMG8998

神崎神宿の八坂神社についての説明書き
20180421_132037_CIMG9000

説明書きによると御祭神は健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)とされていますが、
こちらのお祭りは古くから女神の御輿といわれ、奥方の櫛稲田姫(くしいなだひめ)をお祀り
するともいわれているそうです
夫婦でお祀りされている?ということで、夫婦円満にご利益あるかモウね?
20180421_132042_CIMG9001

神崎の森は千葉県の天然記念物に指定されています
20180421_132307_CIMG9003

社殿に向かう階段の左手には
20180421_132342_CIMG9004

三峯神社
20180421_132422_CIMG9006

神崎神社  説明書きより
白鳳時代に大浦沼二つ塚より現在の地に遷座し、明治6年に郷社、
大正10年県社に昇格しました。7000坪あまりの境内は
「神崎の森」と呼ばれ、全域が県の天然記念物に指定されています。
また、本殿脇には国指定天然記念物の「なんじゃもんじゃの木」があります。
御祭神は天鳥船命(あめのとりふねのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)、
面足命(おもだるのみこと)、惶根尊 (かしこねのみこと)で
あり、交通、産業守護の神として深く信仰されています
20180421_132358_CIMG9005

御本殿に向かいます
20180421_132426_CIMG9007

狛犬
20180421_132443_CIMG9008

目線が狛犬よりも、木々の方にいってしまいました・・・
木の勢いが力強いかモウ~♪
20180421_132448_CIMG9009

階段脇には可憐に咲くお花が色を添えます
20180421_132457_CIMG9010

20180421_132507_CIMG9011

階段をのぼりきると、正面に拝殿、拝殿脇になんじゃもんじゃの木がありましたよ
20180421_132841_CIMG9020

境内は静かで落ち着いた雰囲気でした・・・
気が休まる感じでしたよ
20180421_132830_CIMG9019

書置きの御朱印が一枚300円で賽銭箱の上に置かれていた小さな箱に入っていました
20180421_132639_CIMG9014

最後の一枚だったのでラッキーでした♪
img079

拝殿の横には国指定天然記念物に指定されている御神木なんじゃもんじゃの木があり
ました
案内板によると
水戸光圀公がお参りされた際に、大きなクスの巨木をご覧になって、
「この木は何というもんじゃろうか」と言われたことから、こちらの御神木大クスの木を
「ナンジャモンジャ」と言われるようになったとあります
20180421_132806_CIMG9017

上を見上げるとあんぐり口が開いてしまうほど?大きくて立派でしたよ♪
20180421_132912_CIMG9021

主幹は火災で高さ7メートルのところで切断されてしまいましたが、
そのひこばえが元気に育っていました♪
20180421_133148_CIMG9027

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪