高麗郷古民家(旧新井家住宅) 埼玉県
高麗郷民族資料館を見学したあと、国登録有形文化財に登録されている高麗郷古民家を
見学しましたよ
旧新井家は江戸時代の末期から高麗本郷村の名主を務め、以後、戸長、村長として地域の政治を
担った名家です
母屋は江戸時代末から明治時代前半、客殿は明治時代に建てられたものです
どちらも修繕の手が入っていますが、格式ある立派な造りでした
無料で見学できます♪
休館日 祝日を除く、月曜日及び火曜日
    年末年始(12/29-1/3)
開館時間 4月-11月まで 9:00-16:00
                12月-3月まで 10:00-15:00

石垣(国登録有形文化財)
20170924_120243_CIMG5109

城壁のような石垣も立派です
20170924_114408_CIMG5084

客殿・母屋 国登録有形文化財
母屋の建物は、数度にわたる改修で当時とは、形式が大きく変わっていますが、
木造の入母屋造の2階建てです
平成5年に茅葺から瓦葺に改修されています
茅葺だとまた趣が違って見えるのでしょうが、維持するのが大変なので瓦葺になるのも
仕方がないんでしょうね・・・

建物の入り口に入ると、ある程度人数が集まるとガイドボランティアのおじさんが、
建物の説明をしながら観光客の方たちを案内していました
母屋 平成24年度に改修
20170924_120013_CIMG5106

20170924_115901_CIMG5104

20170924_120029_CIMG5107

客間
20170924_115307_CIMG5094

出居
20170924_115408_CIMG5095

式台構え
高貴な方を迎え入れる格式の高い施設
20170924_115830_CIMG5103


客殿
明治39年に建築、木造の入母屋造の2階建て
平成10年に瓦を葺き替えています
屋根は彫り物を施した格式の高い構えのある向唐破風
平成24年度に改修
20170924_115545_CIMG5098 (1)

客殿の入り口で手を叩くと鳴き竜のように、音が反響して聞こえるというので、
叩いてみましたよ
ウシ夫君がパンと力強く叩くと、確かにパウォ~ンウォ~ンウォ~~ンと聞こえたかモウ?
20170924_115432_CIMG5096

母屋裏手には埼玉県内第五位の大きなシラカシの木がありました
20170924_114852_CIMG5088

南土蔵 国登録有形文化財 平成24年度改修
20170924_120005_CIMG5105

古民家から国道15号沿いを眺めると、これから曼殊沙華公園へ向かう車と帰る車で混雑しているのが
見えましたよ
20170924_115734_CIMG5101

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪