本土最東端 納沙布岬  北海道
本土最東端納沙布岬にやってきました
北海道で一番早い日の出スポットとして名が知られています
北方領土に一番近い場所でもありますよ♪
20170915142209_IMG_1029

駐車場
20170915141905_IMG_1025

20170915142214_IMG_1030

白いタワーは、望郷の塔(通称オーロラ・タワー)、展望台からは北方領土を見る事が出来ます
20170915142217_IMG_1031

納沙布岬から灯台が見えたので、車で近くまで行ってみました
日本の灯台50選にも選定されている納沙布岬灯台
明治5年に建てられた北海道最古の灯台です
納沙布岬にはあまり観光客の姿を見かけませんでしたが、灯台には結構いましたよ
それほど広くない駐車場は、満車状態でした
 20170915142157_IMG_1028

20170915142459_IMG_1032

納沙布岬灯台 案内板より
本土最東端の灯台
日本は、古来より「日出ずる国」とされてきましたが、納沙布岬は本土最東端の地で
一番早く朝日が昇ります。
納沙布岬灯台は、1872年(明治5年)に北海道で最初に設置した灯台(木造)で、1930年(昭和5年)に現在のコンクリート造に改築されました。
光のエネルギー源は、石油からアセチレンガスを経て電気に変わりましたが、
光を放つ四等レンズだけは当時のままです。
この施設の異常を発見したときや、その他何かお気づきの点がございましたら
根室海上保安部までお知らせください。
20170915142604_IMG_1036

納沙布岬灯台は、納沙布岬の先端に建っています
20170915142518_IMG_1033

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪