奈良大仏 東大寺 奈良県 
奈良といえば、東大寺の大きな大仏様のお姿が目に浮かびます♪
東大寺 のご本尊、大仏様、名盧舎那仏座像(るしゃなぶつざぞう)に実際に会いにやってきました!
大仏様の正式名初めて知ったかモウ・・・

堂々と建っている国宝 大仏殿は、大仏とともに、
過去2回{治承4年(1180年)、永禄10年(1567年)}に焼失し、
その都度再建され、現在の建物は宝永6年(1709年)の再建です
高さ(49.1m)と奥行き(50.5m)は創建当時のままだそうですが、幅は創建当時(約86m)
の約3分の2(57.5m)になっています
これよりさらに大きかったんですね~
image

国宝 東大寺の正門 南大門が見えてきました
天平創建時代の門は、平安時代に大風で倒壊し、現在の門は鎌倉時代に重源上人によって
再建されたもので、国内最大の大きさを誇る山門となっています
image

人懐っこい鹿さんたちですよ♪
なぜか、正面の鹿さんの顔がマスコットキャラクターのせんとくんにみえてきたかモウ
20110802_150628_CIMG3004

南大門の左右には、高さ約8.4mの日本最大の木彫像である仁王像が
通常の立ち位置とは逆に立っています

南大門の仁王像は、鎌倉時代の大仏師である運慶が快慶ら一門を率いて、
それぞれ3000前後の木材を繋ぎ合わせ、「寄木造」という作り方で
わずか69日間で完成させたと云われています
右側 吽形(通常阿形)
20110802_150600_CIMG0615

左側 阿形(通常吽形)
20110802_150617_CIMG0616

中門
現在の中門は享保元年(1716年)の頃に再建、国の重要文化財に指定されています
20110802_150947_CIMG0618

東方を守護する武神、持国天
20110802_151043_CIMG0621

西方を守護する毘沙門天
20110802_151055_CIMG0622

大仏殿の正面にある金銅八角燈籠
国宝に指定されています
image

大仏堂入堂料500円を払って内観します
image

横からのお姿
20110802_152133_CIMG0628

多聞天
20110802_152039_CIMG3017

広目天
20110802_152109_CIMG0627

如意輪観音
20110802_152437_CIMG0629

触りたくないけど触っちゃう・・・・・
東大寺撫で仏、賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃぞう)
からだの悪いところを撫でると治ってしまうという霊験あらたかな仏さまですが・・・・
頭は大人の高さでも届かないかモウ?
強面なので、ちょっと触るのが気が引けますが、子供たちには人気のようですよ♪
image

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪