神々森猿田彦神社 東京都 
荒川区東日暮里界隈を歩いていると、都会的なスペースに鎮座していた神社が
目についたので、寄ってみました
神々森猿田彦神社(かんかんもりさるたひこじんじゃ) にお参りします
ご祭神 面足尊(おもだるのみこと)、惶根尊(かしこねのみこと)、猿田彦命
20100509_142837_CIMG0386

あらかわの史跡・文化財 荒川区教育委員会の案内板より
カンカン森通りと猿田彦神社
江戸時代「第六天社」と称した当地を「カンカン森」と呼んだ。社前の「カンカン森通り」という通称はこれに由来する。以前はこの通りを「第六天通り」とも呼んでいた。明治中期。カンカン森は音無川沿いに開けた田圃の中にあり、竹薮が茂る淋しい所であったという。
 なお、第六天社は胡録神社に改称、後に猿田彦神社と改めた。土地の作神、守護神として旧金杉神社の人々に崇拝されている。
 境内に、胎蔵界大日如来の種子(梵字)を刻む享保13年(1728)銘の庚申塔、根岸氏子中が文化7年(1810)に寄進した手水鉢、本殿内に「猿田彦太神」の銘を刻む自然石型の庚申塔などがある。
 この庚申塔台石正面には「峡田領金杉村大塚講中」の文字が、その左側面には14名の名が刻まれている。
 なお、毎年9月1日に4ヶ町の氏子によって当社の例大祭が行われ、1年に1度本殿が開扉される。
(荒川区教育委員会)
20100509_143022_CIMG0387

左手にみえる倉庫のような建物は神輿庫です
20100509_142801_CIMG0385

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪