東金砂神社 茨城県 
山田川の谷を挟んで西金砂神社と対をなしてる東金砂山の頂上に位置する
東金砂神社(ひがしかなさじんじゃ)をお参りします
山の頂上にある神社だけあって、細い山道を走ります

御祭神は日吉大社の御分霊 大己貴命、少彦名命
延暦25(806)年,平城天皇の勅願によって宝珠上人が社殿を造営
以後、坂上田村麿が蝦夷征伐の際に多宝塔を建立!
中世には源頼義とその子義家が奥州征討の際に戦勝祈願をする!
佐竹氏は祈願所と定め神領1,200石を献じ,家紋の扇を東金砂神社の紋章に使用することを認める!
豊臣秀吉は検知の際、1200石を寄進!
 徳川3代将軍家光が社領24石を寄進!

などなど創建以来,手厚い保護を受け大事にされてきた神社で、
72年に一度行われる東西の金砂神社の大祭礼は日本最大級の磯出の祭事で、有名だそうです
両神社の氏子たちがそれぞれ平安時代や江戸時代の衣装をまとって大行列をなし、
10日間の全日程(3.22~3.31)を、ご神事や田楽舞を奉納しながら、
両神社から日立市水木浜までの間(およそ75キロメートル)を1週間かけて往復する祭事で、
開催年には、沢山の見物客で賑わうそうですが・・・・・
次回開催予定は2075年・・・・・・・
見ることができないかモウ・・・・・・
 

毎年2月11日に嵐除祭(らんじょさい)や72年ごとの大祭礼に奉納される田楽舞は国選択・県指定無形民俗文化財に指定されています
20120624_155810_CIMG1011

鳥居
20120624_155333_CIMG1009

仁王門
20120624_155629_CIMG1010

20120624_160118_CIMG1012

ご本殿
20120624_160152_CIMG1013

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪