鹿島神宮 茨城県 
全国にある鹿島神社の総本山 東国三社千葉県香取神宮、 茨城県の息栖神社)の一社
創建は初代神武天皇が即位した紀元前660年
平安時代から神宮と呼ばれていたのは、伊勢神宮の他に、香取神宮と鹿島神宮の三社のみで、
香取神宮とともに、武神として朝廷や武士の崇敬を受けてきた由緒ある神社です
御祭神 武甕槌神(たけみかづちのかみ)
20120722_133316_CIMG1056

参道に龍神社のお社があったので、お参りしました
20120722_133601_CIMG1059

20120722_133615_CIMG1060

楼門(重要文化財)
水戸初代藩主徳川頼房により奉納されたもので、日本三大楼門(熊本県阿蘇神社、福岡県筥崎宮)
の一つと言われています
扁額「鹿島鳥居」は東郷平八郎の書と言われています
20120722_134016_CIMG1061

拝殿・本殿(重要文化財)
社殿は元和5(1619)年、徳川秀忠公より奉納されたもので、北方鎮護の役目から蝦夷の住む
東北地方へにらみをきかすため北向きに建てられています
20120722_134227_CIMG1062

高房神社
ご祭神 建葉槌神(たけはづちのみこと)
建葉槌神は武甕槌大神の葦原中国平定に最後まで服従しなかった天香香背男を追討するのに
大活躍しました
ご参考までに日立市の大甕神社には天香香背男(別名天津甕星)を封じ込めている石、
宿魂石があります
本殿参拝の前に、先にこちらの摂社高房神社をお参りするのが習わしなのだそうですが、
知らなかったので、ご本殿を先に参拝してしまいました
20120722_134235_CIMG1063

奥宮へと続く奥参道を歩きます
「奥馬場」とも呼ばれ、毎年5月に流鏑馬神事が行われます
大きな木々が鬱蒼と生い茂っていて、癒されますね~
20120722_134424_CIMG1066

鹿園のそばにあるさざれ石
20120722_135245_CIMG1069

鹿園
鹿島神宮の神使とされる鹿さんたちがいます
鹿のえさ(野菜)が売っていて、えさやりもできますよ
春日大社の創建時、鹿島大神を春日大社に勧請するときに、ご分霊を白い神鹿の背に乗せて
多くの鹿を引き連れて運んだと云われていて、奈良の鹿も鹿島神宮発祥とされています
20120722_135353_CIMG1070

奥宮 ご祭神 : 武甕槌大神の荒魂(あらみたま)(重要文化財)
社殿は、徳川家康より本殿として奉納され、後に二代将軍・徳川秀忠により現在の本殿が
奉納されたときに、現在地に移されました
20120722_135855_CIMG1071

要石(かなめいし)
かつては地震は地中に棲む大鯰が起こすものと考えられていて、地中深くまで埋まる要石が
その大鯰の頭を押さえつけていると云われる霊石
何も囲ってなかったらわからないかモウ・・
20120722_140508_CIMG1072

御手洗池(みたらしいけ)
水深は1メートルほどで、この池に大人が入っても子供が入っても水面は胸を越えないといわれ
ています
昔はこちらで禊をしてから、参拝したそうです
現在では、年始に大寒禊が行われ、多くの方が参加されるようです
こちらで、お水取りができます
御手洗池のそばにはお茶屋さんがあり、焼き団子やおそばやうどん、お茶などいただけます
その名も一休(ひとやすみ)、パワースポットで、パワーフードをいただくのも、
パワー倍増!!でよいかモウね!
 20120722_141017_CIMG1073

20120722_141027_CIMG1074

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪