ウシ子とウシ夫の牛歩旅

車中泊を中心とした旅日記。 神社やお寺、温泉、車中泊の工夫、便利グッズ、自作(DIY)などを紹介

2013年04月

浅草寺 東京都 
いつ行っても参拝客でにぎわってるモウ♪
今日最後に寄る場所は浅草寺 ご本堂
20130427_152523_CIMG1618

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

待乳山聖天 東京都 
関東三聖天 三箇所めは待乳山(まつちやま)聖天だモウ♪
夫婦和合、商売繁盛 シンボルは大根と巾着!
少し小高い丘の上に、鎮座してます
作家池波正太郎さんの生家が、待乳山聖天のそばで、生誕地碑も建立されていました
20130427_144147_CIMG3362

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

平井聖天 燈明寺 東京都 
関東三聖天の一つに数えられる妻沼聖天に行ったので、あと二つの聖天さんに行ってみたモウ♪
二箇所めは平井聖天 燈明寺
20130427_124234_CIMG1599

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

平井 諏訪神社 東京都 
亀戸天神から歩いてきたら、平井 諏訪神社があったのでよってみました♪
享保年間(1716~1735)燈明寺の恵祐法印が、出身地である信州の諏訪大社から神霊を勧講したのが始まり
装飾がきれいですね♪
20130427_123112_CIMG1596

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

亀戸天神 藤 東京都 
藤の名所、亀戸天神の藤まつりを一目みようと、やってきました♪
境内には100株以上ある藤の花が、訪れる人々を楽しませてくれています♪
本社は九州大宰府天満宮、古くは「東宰府天満宮」、「亀戸宰府天満宮」といわれていました
御祭神は天満大神(菅原道真公)
20130427_104631_CIMG1573

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

久伊豆神社 藤 埼玉県 
越谷市にある久伊豆(ひさいず)神社 、くいずと読めることからクイズ神社とも呼ばれています
総本社はかつて「久伊豆大明神」と称されていた加須の玉敷神社
訪れたときは、ちょうど県指定天然記念物の藤の花が咲いていてきれいだったモウ♪
20130421_153858_CIMG3293

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

行田市郷土博物館(忍城) 埼玉県 
関東七名城(埼玉県川越市川越城、群馬県前橋市前橋城、群馬県太田市金山城、栃木県佐野市・田沼町
唐沢山城、栃木県栃木市宇都宮城、茨城県つくば市多気城または、茨城県常陸太田市太田城)の一つ忍城(おしじょう)によってみたモウ
忍城址公園内に行田市郷土博物館(忍城)があります
開館時間9時~16時30分(入館16時まで)
休館日 月曜日(祝日休日は開館)、祝日の翌日(土日は開館)
      毎月第4金曜日(テーマ展企画展開催中は開館)、年末年始
入館料 大人1名200円
20130420_153628_CIMG3277

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

妻沼聖天 歓喜院 埼玉県 
日本三大聖天(東京都台東区本龍院 待乳山聖天・奈良県生駒市宝山寺 生駒聖天)の一つ
に数えられる妻沼聖天 歓喜院にやってきたモウ♪
埼玉日光という別名もあり、本殿の彫刻は色鮮やかで必見の価値あり!
平成24年に国宝に指定されました!
本殿拝観料700円
拝観受付 午前10時~午後4時
うまく時間があえば、めぬまボランティアガイド「阿うんの会」のガイドさんの説明をききながら、見学できます
20130420_132143_CIMG1552

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

赤城 大沼 旧赤城神社 群馬県 
大洞赤城神社から大沼のほとりを歩き旧赤城神社元宮跡地まできました
20130414_131826_CIMG1542

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

大沼 大洞赤城神社 群馬県 
1970年に旧社地の大洞から現在の小鳥ヶ島に再建された大洞赤城神社をお参りします
三夜沢赤城神社とはまた違った、華やかさがありますね
さすが、女神様がいらっしゃる感じがします
小鳥ヶ島には赤城姫と渕名姫が赤城大明神に召され、二人の乗せた鴨が
神様の御威徳を現し、人々を幸福に導くために、この地にとどまり島となったという伝説があります
こちらに姫守りというネーミングのかわいらしいお守りがありました
女性の願いを叶え、お護りくださるお守りだそうです
20130414_125130_CIMG1537

続きを読む ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪

↑このページのトップヘ