白瀧神社 桐生市 群馬県

富岡製紙場の世界遺産登録に伴って、「ぐんま遺産」に、平成27年には、
「かかあ天下群馬の絹物語り」で日本遺産として登録された桐生市にある
白瀧神社をお参りしました
御祭神は天八千々姫命(アメノヤチチヒメノミコト)と白瀧姫命
の2柱の織物の神様が祀られています
境内ではなんといっても、御本殿裏手にある樹齢300年の天然記念物に指定されている
青々と茂った巨大けやきが良い気をはなっていましたよ♪
20170624_112359_CIMG1009

白瀧神社鳥居
 20170624_111634_CIMG0992

大きな紅葉の木がありました
紅葉の頃は綺麗かモウ~♪
20170624_111657_CIMG0993

神社は白い瀧と書くので、境内には水があって、龍神さまでもいらっしゃるのかと
思いましたが、そうではなく、白瀧姫のお名前に関係していたんですね
20170624_111715_CIMG0994

水屋
20170624_111726_CIMG0995

拝殿
あれ??
20170624_111811_CIMG0998

拝殿に時計が掛かっていたので、あまりみたことがない光景だったので、ちょっと
違和感を覚えましたよ
20170624_111833_CIMG1000

ご本殿裏
20170624_112257_CIMG1008

中央にみえる大きなケヤキが樹齢300年といわれている御神木
20170624_112538_CIMG1013

神楽に使われる面の大半は江戸時代のものだそうですよ
20170624_112055_CIMG1002

市指定無形民俗文化財「白瀧神社太々神楽」を奉納する神楽殿
20170624_112044_CIMG1001

20170624_112531_CIMG1012

かかあ天下について記されていますよ
群馬の女性は「かかあ天下」とよく耳にして強いというイメージを持っていましたが、
絹産業が盛んだったためにその仕事で働いて家計を助けたという働き者という意味
だったんですね
20170624_111758_CIMG0997

耳をあてると機音が聞こえたという降臨石
20170624_112128_CIMG1004

20170624_112550_CIMG1014

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪