下妻市ふるさと博物館 茨城県
館内は下妻市の歴史や民族、詩人横瀬夜雨をはじめ、様々な分野で活躍した地元ゆかりの
人物の業績や、二階収蔵庫には時代を物語る民具や明治11年から昭和44年10月まで
約90年間使われていた女囚独房がそのままそっくり展示されていました
独房の説明書に、壁には、日付を数えた暦や
「かごのトリ、ちい(ちえ)あるトリは、ひとめしのんで、あいにくる。あー残念ダ」と爪で書いた
後が残っているとありました
部屋は暗めだったので、展示されていた独房の出入り口には、懐中電灯がおかれていましたが、
中に入って、その爪でかいた後を探すのも気が引けて、外からのぞいてみただけで終えましたよ
一番印象に残ったかモウ~

休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)・国民の祝日の翌日(土・日曜日は除く)
      年末年始(12/28-1/4)
開館時間 9:00-16:30
料金 一般200円

20161218_133157_CIMG2308

駐車場にはしもつま観光MAPの案内板がありました
次にどこを回るとも決めずにやってきたので、こちらを参考にして、次にむかう場所を
決めました♪
ウシ子がびびっときたのは、勿論♪じ・ん・じ・ゃ~♪
20161218_133025_CIMG2304

博物館の建物は、戦国時代の下妻城主多賀谷氏の館をイメージして建てられたそうです
 20161218_133047_CIMG2305

屋外には箱式石棺が展示されていました
20161218_133123_CIMG2307

20161218_140443_CIMG2312

館内は撮影禁止だったので、写真を撮れるのはここまで・・・
20161218_140428_CIMG2311

これらも展示品??
20161218_140421_CIMG2310

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ← 1日1回クリックで投稿パワーチャージだモゥ~♪